Jazz Bar そるとぴーなつ

1980年江古田にオープンしたJazz Barそるとぴーなつの情報を発信します。
7/5(木)~7/16(月,祝)のライヴ

7/5(木) 世田谷トリオLIVE 
デビュー盤 ”Introducing Setagaya Trio”も大好評、 
今話題の世田谷トリオがやって来ました。 
ジャズ・スタンダードで始まった今回も、 
セロニアス・モンク、スティーブ・スワローなどの 
ジャズメン・オリジナルを中心にフレキシブルな選曲。 
シンセサイザーを持ち込み 
いつも以上に気合い十分の高橋、縦横無尽に疾走、 
そして地を這う極太ベースにきれきれドラム、 
凄まじいまでの仕掛け合いで大炸裂、 
まさに白熱のインタープレイ、 
エルビンの「EJBlues」でもう圧巻のフィナーレ、 
今回もめちゃ楽しいとんでもないライヴでした。 

<出演>世田谷トリオ 
   高橋佑成(piano) 岩見継吾(bass) 吉良創太(drums) 


P.S.世田谷トリオ、次回は10/26(金)20時半開演です。 
  聞きしに勝るトリオですのでぜひともお越し下さい。 
  高橋佑成必聴!因みに高橋佑成1994年生まれです。 


7/6(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み、新作「Tres Trick」も大評判、 
リリカル且つダイナミックな演奏で人気のピアニスト外山安樹子が、 
録音メンバーのレギュラー・トリオでやって来ました。 
外山オリジナルにスタンダード、 
結成10年というこのトリオ、 
その一体感たるや半端無し、 
絶妙なコンビネーションで 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
爽快なダイナミック・サウンドが店内に、 
ピアノが鳴る鳴る、 
今回も心地よいとっても楽しいライヴでした。 
それにしても外山ピアノ超強力です。 

<出演>外山安樹子TRIO 
   外山安樹子(piano) 関口宗之(bass) 秋葉正樹(drums) 


P.S. 外山安樹子TRIO、次回は11/2(金)です。 

7/7(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
ビートルズ・ナンバーのみを演奏するジャズ・バンド 
"RHIZOME "の待望の初アルバム 
'PLAYS THE BEATLES'の発売記念ライヴでした。 
もちろん全曲ビートルズ関係、 
レコ発記念ライヴとあってCD収録曲多め、 
冴え渡るクールなアレンジ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
最早さおりんごスターのコーラスも看板もの。 
実に楽し気なメンバー達、 
満席の店内、手拍子参加で大盛り上がり、 
笑顔満開のとっても楽しいライヴでした。 

<出演>RHIZOME 
   吉木 稔(fender bass) 沢村 繁(piano) 
   さおりんごスター☆(drums) 石川早苗(vocal) 


P.S. RHIZOMEライヴ、次回は10月以降で調整中です。 

7/8(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
ただ今人気沸騰中、 
当店大プッシュの若手アルトサックス奏者 
中島朱葉のリーダーライヴ、 
今回も当店ではすっかりお馴染みの 
今を時めく精鋭達を伴いやって来ました。 
ミンガスなどのナンバーに中島オリジナル、 
念願だった最強リズム隊との共演ということで、 
端からエナジー全開で縦横無尽に吹きまくる中島、 
そんな中島に瞬時に反応、がっちりサポート、 
激しくプッシュの最強リズム隊、 
弾けるピアノ、地を這うベース、大炸裂のドラム、 
まさに白熱のインタープレイ、 
流石の四人、 
目くるめくソロの嵐、 
超満席の店内、拍手喝采歓喜の声、 
ステージも客席も笑顔満開、 
そしてまさかのWアンコール、 
いやもうとんでもなく素晴らしい激熱ライヴでした。 
再演大熱望! 

<出演>中島朱葉QUARTET 
   中島朱葉(alto sax) 石田 衛(piano) 
   古木佳祐(bass) 石若 駿(drums) 


P.S. 中島朱葉LIVE 、次回は9/1(土)20時半開演、 
  トップ・ピアニスト片倉真由子とDUOです。 
  超絶楽しみな必聴ライヴですのでぜひともお越し下さい。 


7/9(月) Congri LIVE 
当店ではconvianoでお馴染みのパーカッショニスト 
藤橋万記率いるラテン・ユニット"Congri"のライヴでした。 
ほとんどキューバナンバー、 
咆えるサックス、突き抜けるフルート、 
炸裂するダイナミック・ピアノ、 
そして変幻自在のパーカッション、 
「実はバラードを演奏するのが大好きなんです」と言い、 
終始笑顔でプレイの藤橋、 
そして盛り上げる達人二人、 
目くるめくリズムの嵐、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
ナイス・バンド、 
自然と身体が動きます。 
藤橋の面白解説MCも相まって 
今回もとっても楽しいご機嫌ライヴでした! 
大好きなバンド、 
これからも定期的に来て貰いますので、 
みなさまぜひ一度ご体感下さい。 

<出演>Congri 
   藤橋万記(percussion) 竹内 直(saxophone) 楠 直孝(piano) 


P.S. Congri、次回は10/23(火)20時半開演です。 

7/10(火) 江古田クインテットLIVE 
お馴染み江古田クインテットのライヴ、 
ステップス関連やハービー・ハンコックのナンバーなど。 
例によって端から全員エナジー全開、 
新加入の中島もすっかり溶け込み、 
その一体感たるや半端無し、 
キレキレのダイナミックなサウンドが店内に、 
各々素晴らしいソロを展開、 
どんどんバンド全体がヒートアップ、 
まさに激熱、 内容充実、 
終わってみれば11時半の大熱演、 
店内拍手喝采、笑顔満開、 
大満足のとっても楽しいライヴでした。 

<出演>江古田クインテット 
   宮地スグル(tenor sax) 中島香里(vibraphone) 
   三木成能(piano) 鈴木克人(bass) 公手徹太郎(drums) 


P.S. 江古田クインテットLIVE、次回は10/30(火)20時半開演です。 

7/11(水) Bavipi LIVE 
当店ではもうすっかりの三人のユニット 
Bavipi(バビッピ)のライヴでした。 
チック・コリア・ナンバーで始まった今回も、 
ヘンリー・マンシーニ、バート・バカラック、 
ウエス・モンゴメリーなどフレキシブルな選曲、 
そして締めは岸オリジナルと実に多彩。 
今回で五回目、 
和気あいあいとした雰囲気の中、 
阿吽の呼吸よろしく丁々発止、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・ソロ。 
明朗快活清々しいサウンドが満席の店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、 
三人の面白掛け合いMCも絶好調、 
店内、拍手喝采歓喜の声、 
とっても楽しいめちゃクールなライブでした。 
Bavipi これからも定期的に来てもらいますので、 
みなさまぜひともご一聴下さい。 

<出演>Bavipi 
   岸 淑香(piano) 中島香里(vibraphone) 伊東佑季(bass) 


P.S. Bavipiライヴ、次回は10/31(水)20時半開演です。 

7/12(木) Reiko Yamamoto The Square Pyramid LIVE 
2ndアルバム「WILTON'S MOOD」も大評判、 
気鋭のヴィブラフォン奏者山本玲子の新バンド 
"Reiko Yamamoto The Square Pyramid"が初めてやって来ました。 
Reiko Yamamoto The Square Pyramidライヴ終了。 
(山本玲子vib栗林すみれp古木佳祐b木村 紘ds) 
大勢様お越し頂きありがとうございました。 
今回が二回目というこのバンド、 
この四人で初めて演奏した時、 
バンドとして大きな可能性を予見した山本が、 
バンド名を付けての初ギグでした。 
全曲山本オリジナル、 
もう七年も一緒に演ってるという盟友栗林、 
レギュラー・カルテットのベース古木、 
そして前回の初共演の際 
そのドラミングの素晴らしさに驚いたという木村、 
全幅の信頼を寄せるこの超強力リズム隊をバックに、 
縦横無尽、どこまでも美しいヴィブラフォン・サウンドで、 
満席の店内を圧倒、魅了する山本、 
ナイス・サウンド、ナイス・グルーヴ、 
類い希な美しき音世界、ナイス・バンド! 
いやもう大感動、とっても楽しい初ライヴでした。 

<出演>Reiko Yamamoto The Square Pyramid 
   山本玲子(vibraphone) 栗林すみれ(piano) 
   古木佳祐(bass) 木村 紘(drums)
 


P.S.終演後即再演を懇願、 
  流石にこのメンバーですから難航しましたが、 
  嬉しいことにかなり先ですが12/4(火)に決まりました。 
  みなさま超絶オススメですのでお聴き逃し無きよう、 
  万事お繰り合わせの上ぜひともお越し下さい。 


7/13(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店では小林航太朗バンドでお馴染み、 
気鋭のドラマー岡部朋幸の久しぶりのリーダーライヴ、 
満を持しての豪華クインテットでやって来ました。 
スタンダード中心、ラストは岡部オリジナル。 
初出演のBen、聞きしに勝るナイス・サウンド、 
中西とのコンビネーションも絶妙でめちゃクール、 
フロント二管クインテットならではの華やかで 
ダイナミックなサウンドが店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、実に爽快、 
岡部の丁寧な解説MCも面白く、 
とっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>岡部朋幸QUINTET 
   岡部朋幸(drums) 
   中西曉子(trumpet) Ben Jansson(tenor sax) 
   野波 桃(piano) Paul Dwyer(bass) 


7/14(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
新作「New Journey」も大評判、 
毎回オリジナルを中心にその明るく楽しいパフォーマンスで 
店内を魅了するピアニスト福井アミのリーダーライヴ、 
今回もベースに清水昭好、 
ドラムに桃井裕範を迎えてのトリオでやって来ました。 
福井オリジナルに 
スティーブ・スワローや 
エグベルト・ジスモンチのナンバーなど。 
この三人でのギグは四回目、また一段と緊密度が増し、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
凛としてピアノに向かう福井、 
がっちりサポート&プッシュ、プッシュのリズム隊、 
メリハリの効いたダイナミックな美サウンドが店内に。 
目くるめくソロが次から次へ、 
カッコいいの何のって、まさにクール&ハッピー、 
ナイス・トリオ! 
とっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 

<出演>福井アミTRIO 
   福井アミ(piano) 清水昭好(bass) 桃井裕範(drums) 


P.S.福井アミLIVE、次回は10/18(木)20時半開演、 
  今回と同メンバー、超超超オススメ、ぜひともお越し下さい! 


7/15(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュの若手バップ・ピアニスト北島佳乃子が 
お馴染みのレギュラー・トリオでやって来ました。 
スタンダードに北島オリジナル、 
身体をピアノに浴びせるようにして 
端からエナジー全開の北島、 
力強いタッチで縦横無尽、 
来る度にスケールアップ、 
そんな北島が全幅の信頼を寄せている強力リズム隊は、 
がっちりサポート&プッシュ、プッシュ、 
二年以上も続けてるレギュラー・トリオ、 
その一体感たるや半端なし、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
気持ちの良いダイナミックな美サウンドが店内に、 
実に爽快、北島のゆるゆるMCも格段に進化、 
とっても楽しいライヴでした。 

<出演>北島佳乃子 TRIO 
   北島佳乃子 (piano) 金森もとい(bass) 宮岡慶太(drums) 


P.S. 北島佳乃子TRIO、次回は10月以降で調整中です。 

7/16(月,祝)「ホリデー・スペシャル・ライヴ」 
もうすっかりお馴染みとなりました 
ベテラン・トップ・ドラマー村上 寛のリーダーライヴ、 
今回も今を時めく若手の精鋭達とのスペシャル・バンドでやって来ました。 
メンバー・オリジナルにスタンダード、 
そしてなんとスティーヴィー・ワンダーのカヴァーも。 
寛さんの容赦ないクールなプッシュに、 
嬉々として入魂のプレイを展開する若手三人、 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
リスペクトしている大先輩と演奏することの喜び、 
楽しさを象徴するような熱いソロが次から次へ、 
そしてそれらを凌駕する寛さんの凄まじいソロも、 
初参加の魚返も力強いタッチで縦横無尽の大活躍、 
あっと言う間の2セット、 
今回も実に感動的な素晴らしいライヴでした。 

<出演>村上 寛BAND 
   村上 寛(drums)  森田修史(tenor sax) 
   魚返明未(piano) 吉木 稔(bass) 


P.S. 村上 寛BAND、次回は8/17(金)20時半開演です。 
  (村上 寛ds森田修史ts,ss田中菜匯p吉田 豊b) 

 

live | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/2(火)~7/3(火)のライヴ

6/26(火) 松下美千代TRIO LIVE 
当店ではヴィブラフォン奏者中島香里とのデュオでお馴染みのピアニスト 
松下美千代がレギュラー・トリオでやって来ました。 
スタート曲だけジャズ・スタンダードで 
あとは全て松下オリジナル。 
長年続けてるレギュラー・トリオならでは、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
メリハリの効いたダイナミックな美サウンドが店内に、 
ピアノが鳴る鳴る、 
いやもうめちゃめちゃクール、 
ラストナンバーの凄かったこと、 
メンバー全員完全燃焼、 
今回もとっても楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>松下美千代TRIO 
   松下美千代(piano) 工藤 精(bass) 斉藤 良(drums) 


P.S.松下美千代TRIO、次回は10/11(木)20時半開演です。 

6/27(水) Raymond McMorrin LIVE 
2005年から活動拠点をNYから東京に移し活躍中の 
サックス奏者Raymond McMorrin のリーダーライヴ、 
今回は当店ではもうすっかりお馴染み 
今注目の若手ドラマー濱田省吾を迎えてのデュオでした。 
コルトレーン、マイルス、ファラオ・サンダース、 
ホレス・シルヴァーなどのナンバーにスタンダード、 
そしてRaymondのオリジナル。 
縦横無尽、繊細かつ豪快にブローするRaymond、 
瞬時に反応切れ味鋭く音を重ねていく濱田、 
まさに丁々発止のインタープレイ、 
二人のソロの凄かったこと、 
終演後「楽しかった」とい言い合う二人、 
とっても楽しい迫力満点なライヴでした。 

<出演>Raymond McMorrin (tenor sax) 
    濱田省吾(drums) 


6/28(木) 田中菜匯LIVE 
新作"I Fall In Love Too Easily "も大評判、 
ただ今人気沸騰中、当店ではもうすっかりお馴染みの 
ピアニスト田中菜緒子のリーダーライヴ、 
今回は多方面で活躍中のファースト・コール・トランペッター 
岡崎好朗を迎えてのデュオでした。 
スタンダードに田中オリジナル、 
どこまでも美しい田中ピアノ、 
心地良く響き渡る岡崎トランペット、 
回を重ねてきた二人ならではの、 
清々しい美サウンドが店内に、 
田中のゆるゆるMCも絶好調、 
今回もとっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>田中菜緒子(piano) 岡崎好朗(trumpet) 

P.S. 田中&岡崎DUO、次回は9/3(月)です。 
  最早当ライヴの看板と言ってもいいこのDUO、 
  素晴らしいライヴですのでぜひ一度お越し下さい。 


6/29(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店では本川悠平3tenors等ですっかりお馴染み 
今多方面で大活躍中のサックス奏者吉本章紘のリーダーライヴ、 
今回は盟友二人とのトリオでやって来ました。 
スタンダードに吉本、アーロンのオリジナル、 
そしてオーネット・コールマンのナンバーなど。 
特異な編成ならではのクールなアレンジ、 
叙情タップリのサックス、 
冴え渡るシンバルレガート、 
そして響き渡るアコーディオン、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・サウンド、 
吉本サックスを堪能、 
とっても楽しいライヴでした。 

<出演>吉本章紘TRIO 
吉本章紘(tenor sax) Aaron Choulai(accordion) 則武 諒(drums) 


P.S. 吉本章紘LIVE、次回は8/8(水)20時半開演、 
  レギュラー・カルテットです。 
  (with馬場孝喜g金森もといb則武 諒ds) 


6/30(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店では村田 浩QUARTETでお馴染み、 
いつでもどこでも生音勝負の人気若手ベーシスト 
小林航太朗のリーダーライヴ、 
今回は前二回のライヴが素晴らしかった 
レギュラー・トリオでやって来ました。 
ボビー・ティモンズ、セロニアス・モンク、 
ホレス・シルヴァー、マイルス・デイヴィス、 
チャーリー・パーカーなどのナンバーにスタンダード。 
小気味良いピアノ、 
気持ちの良い生音ベース、 
そしてシャープでダイナミックなドラム、 
ビバップまっしぐら、 
ナイス・スウィング、ナイス・トリオ、 
とっても爽快でめちゃクール、 
今回も実に楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>小林航太朗TRIO 
   小林航太朗(bass) 富永真紀(piano) 岡部朋幸(drums) 


P.S.小林航太TRIO、次回が10/28(日)に決まりました。 
  超超超オススメですのでぜひともご一聴下さい。 
  尚、ドラムの岡部朋幸は、7/13(金)に 
  自己のクインテットでやって来ます。 
  岡部朋幸QUINTET:岡部朋幸(ds)中西曉子(tp) 
  Ben Jansson(ts)野波 桃(p)Paul Dwyer(b) 
  こちらも超超超オススメですのでぜひともお越し下さい。 


7/1(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
“痛快直球強力ニコニコジャズ”を提唱する 
「浜崎 航meets松本 茜Trio "Big Catch"」が久しぶりにやって来ました。 
浜崎、松本のオリジナルにスタンダード、 
コール・ポーターやサド・ジョーンズ のナンバーなど。 
レギュラー・バンドならではその一体感たるや半端なし、 
言わずもがなのナイス・パフォーマンス。 
美音で良く歌うサックス&フルート、 
力強いタッチで弾けるピアノ、 
唸るベースにダイナミックなドラム、 
シャープでクールな美サウンドが満席の店内に、 
ナイス・グルーヴ、ナイス・バンド。 
浜崎の軽妙洒脱なMCも相まって、 
店内拍手喝采、笑顔満開の大盛り上がり、 
実に爽快、めちゃくちゃ楽しい激熱ライヴでした。 
再演大熱望! 
 

<出演>浜崎 航meets松本 茜Trio "Big Catch" 
    浜崎 航(tenor sax,flute) 
    松本 茜(piano) 本川悠平(bass) 海野俊輔(drums) 


7/2(月) 村田千紘LIVE 
デビュー盤「PASSION」が大評判、 
当店では才色兼備デュオ・ユニット 
"村田中"でお馴染みのトランペッター 
村田千紘のリーダーライヴ、 
今回は初出演ライヴが大好評でした 
レギュラー・カルテットで再びやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
レギュラー・バンドならでは、 
アイコン一発丁々発止、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
病み上がりということを微塵も感じさせない村田、 
凛として溌剌プレイ、 
小気味良い美サウンドが満席の店内に、 
超強力リズム隊も流石のパフォーマンス、 
村田のゆるゆるMCも相まって店内笑顔満開、 
とってもクールでめちゃ楽しいほんわかライヴでした。 

<出演>村田千紘QUARTET 
   村田千紘(trumpet) 成田祐一(piano) 
   若井俊也(bass) 小松伸之(drums) 


P.S. 村田千紘QUARTET、次回は10/2(火)20時半開演です。 

7/3(火) スミトスミレLIVE 
当店ではもうすっかりお馴染みの精鋭二人の 
新デュオ・ユニット「スミトスミレ」が初めてやって来ました。 
ほとんど栗林のオリジナル、 
当ライヴ初の編成のデュオ・ライヴでしたが、 
何の違和感もなく、二人の織りなす音世界に没入。 
お互いの繰り出すサウンドに瞬時に反応し、 
寸分の迷いもなく音を重ねて行く二人、 
じつにシャープでダイナミックなサウンドが店内に、 
二人の炸裂ぶりの凄かったこと、 
店内茫然自失から拍手喝采へ、 
とってもクールでメチャ楽しいライヴでした。 
それにしても栗林のピアノ、良く鳴ってたな〜。 
再演大熱望! 

<出演>スミトスミレ 
   栗林すみれ(piano) 大井澄東(drums) 

 

live | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/14(木)~6/24(日)のライヴ

6/14(木) 村田 浩LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
Jジャズ界屈指の名バンド村田浩&The Bop Bandの 
総帥トランペッター村田 浩さんのレギュラー・カルテットのライヴでした。 
スタンダードに村田さんが敬愛していると言う 
クリフォード・ブラウンのナンバー等。 
バップの名曲が次から次へ、 
まろやかに歌うトランペットに 
どこまでも美しいギター、 
ナイス・サウンド、ナイス・バンド。 
バップ人生50年、村田さんのジャズ史を紐解くような、 
軽妙洒脱なMCも相まって、 
とっても楽しいほっこりライヴでした。 

<出演>村田 浩QUARTET 
   村田 浩(trumpet)  佐津間純(guitar) 
   小林航太朗(bass) 宮岡慶太(drums) 


6/15(金) 「そるとでジャズ・ライヴ」 
1993年生まれ、 
ただ今人気沸騰中のギタリスト浅利史花のリーダーライヴ、 
今回は多方面で活躍中の先輩ピアニスト奥村美里を迎えてのデュオでした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
ジョビンのボサノヴァも。 
パーカー・ナンバーでスタート、 
澄んだ音色で良く歌うギター、 
華麗なタッチでどこまでも美しいピアノ、 
初デュオとのことでしたが、そこは旧知の精鋭二人、 
息もぴったり、ナイス・アンサンブル、 
心地良い美サウンドが店内に、 
浅利のゆるゆるMCも相まって 
とっても楽しいライヴでした。 
終演後即再演をお願いしました。 

<出演>浅利史花(guitar) 奥村美里(piano) 

P.S. 浅利&奥村DUO、再演が9/7(金)に決まりました。 
  超超超オススメですので、ぜひともお越し下さい。 


6/16(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
巨匠ギタリスト井上 智さんのレギュラー・トリオ・ライヴでした。 
スタンダードに井上オリジナル、 
流石レギュラー・トリオ、 
アイコン一発で丁々発止、 
ナイス・アンサンブル、 
心地よいウォームな美サウンドが店内に、 
おおらかな智さんワールド全開、 
ナイス・スウィング、 ナイス・グルーヴ、 
リラックス・モードで店内ほっこり、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>井上 智TRIO 
   井上 智(guitar) 増原 巖(bass) 横山和明(drums) 


P.S. 井上智TRIOライヴ、次回は9/17(月、敬老の日)18時開演です。 
  超超超オススメの心暖まる素敵なライヴですので 
  ぜひともお越し下さい。 


6/17(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュのピアニスト松本 茜のリーダーライヴ、 
今回は、毎回大好評のソプラノ・サックス奏者ませひろことのデュオでした。 
スタンダード中心、 
今回で五回目、 
益々緊密度が増しアイコン一発で丁々発止、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
良く歌うサックス、弾けるピアノ、 
二人の織りなすどこまでも美しいサウンドが店内に、 
得も言われぬ心地良さ、 
筆舌に尽くしがたい素敵なライヴでした。 

<出演>松本 茜(piano) ませひろこ(soprano sax) 

P.S.松本 茜 LIVE、次回は10/14(日)ですが、 
  松本 茜は、 
  7/1(日)に「BigCatch(浜崎 航meets松本 茜TRIO)」で、 
  7/24(火)9/26(水)には 
  「美女と野獣DUO(with多田誠司as)」で 
  やってきますので、よろしくお願いします。 


6/18(月) 本川悠平3 Tenors LIVE 
多方面から引っ張りだこの気鋭ベーシスト本川悠平が、 
今引く手あまたの人気テナーサックス奏者 
浜崎 航、吉本章紘、西口明宏の三人と、 
若手ながら実績充分の強力ドラマー横山和明と結成したバンド、 
本川悠平 3 Tenors が久しぶりにやって来ました。 
チャーリー・ミンガス、オリヴァー・ネルソン、 
ジョン・コルトレーン、デューク・エリントン、 
セロニアス・モンクなどのナンバー。 
メンバーのスケジュール合わせが大変で 
ライヴ自体が中々できないという3Tenorsですが、 
そこは今をときめく名うての精鋭五人、 
言わずもがなのナイス・パフォーマンス、 
めちゃクールなアンサンブルに熱いソロ、 
彼らの織りなす重厚で感動的なダイナミック・サウンドに、 
店内笑顔満開、拍手喝采歓喜の声、 
今回も「ライヴを始めて本当に良かった!」と、 
心底実感させてくれる、 
とんでもなく素晴らしいライヴでした。 
再演大大大熱望! 
 

<出演>本川悠平 3 Tenors  
   本川悠平(bass) 浜崎 航(tenor sax,flute) 
   吉本章紘(tenor sax) 西口明宏(tenor sax,soprano sax) 
   横山和明(drums) 


6/19(火) 紅野智彦LIVE 
当店では原川誠司BANDでお馴染み、 
村田 浩The Bop Band等多くのバンド、セッションで活躍中のピアニスト 
紅野智彦が自己のトリオを復活、満を持してやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
六年ぶりのリーダー・トリオ・ギグとのことでしたが、 
流石旧知の精鋭達、言わずもがなのナイス・パフォーマンス、 
意志の疎通もバッチリで、ナイス・アンサンブル、 
弾けるピアノに 
きっちりサポート&激しくプッシュのリズム隊、 
三人の織りなすクールなダイナミック・サウンドが店内に、 
各のソロも筆舌に尽くしがたい美しさ、 
多くの方に聴いて頂きたい 
素晴らしいトリオでした。 
終演後即、「定期的に来て欲しい」と提言、 
再演をお願いしました。 

<出演>紅野智彦TRIO 
   紅野智彦(piano) 吉田 豊(bass) 横山和明(drums) 


P.S. 再演が10/16(火)に決まりました。 
  紅野ピアノ、超絶オススメです! 


6/20(水) te-te LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
2ndアルバム「WILTON'S MOOD」も大評判、 
気鋭のヴィブラフォン奏者山本玲子と、 
バークリー音大後輩のベーシスト伊東佑季との 
デュオ・ユニット"te-te"のライヴ、 
今回は当店大プッシュのアルトサックス奏者加納奈実を 
ゲストに迎えてのスペシャル・セッションでした。 
メンバー・オリジナルにスタンダード、 
旧知の三人だけに和気あいあい、 
意志の疎通もバッチリで、ナイス・アンサンブル。 
どこまでも美しいte-teサウンドに 
加納サックスがすんなり溶け込み 
気持ちの良いこと良いこと、 
三人の織りなす得も言われぬ美しき音世界にうっとり、 
あっと言う間の2セット、 
とってもクールでめちゃ楽しいライヴでした。 
再演熱望! 
 

<出演>te-te+1 
   山本玲子(vibraphone) 伊東佑季(bass) 
   special guest 加納奈実(alto sax) 


P.S. te-teライヴ、次回は9/5(水)20時半開演です。 

6/21(木) 中村恵介LIVE 
当店ではEKD JAZZ COLLECTIVEでお馴染みの 
トランペッター中村恵介が、 
今注目の若手二人とのコードレス・トリオで初めてやって来ました。 
中村オリジナルにスタンダード、 
今注目の若手二人の超強力リズム隊と 
丁々発止のせめぎ合い、 
キレキレのクールなサウンドが店内に、 
中村トランペットの気持ちのイイことイイこと、 
実に爽快、とっても楽しいライヴでした。 

<出演>中村恵介TRIO 
   中村恵介(trumpet) 高橋 陸(bass) 吉良創太(drums) 


6/22(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
惜しまれつつ活動を休止してしまった 
人気バンドtrigraphのメンバーだった二人が 
久しぶりに一緒にやって来ました。 
スタンダードを中心に、 
Jポップカヴァーやビートルズとフレキシブルな選曲。 
石川の卓越した歌唱力と 
馬場の才気溢れたギター・サウンドが店内を席巻、 
とりわけMISIAの『Everything』の素晴らしかったこと、 
いやもう圧巻のヴォーカル・ナイトでした。 
再演熱望! 

<出演>石川早苗(vocal) 馬場孝喜(guitar) 

6/23(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み 
当店大プッシュのアルト・サックス奏者守谷美由貴のリーダーライヴ、 
今回はベースに初出演となります瀬尾高志を迎えての 
準レギュラー・カルテットでやって来ました。 
新旧取り混ぜ守谷オリジナル中心、 
この所進境著しい守谷、風格漂う堂々たるステージング、 
全幅の信頼を寄せる強力リズム隊をバックに、 
アルトとテナーの両刀使いで店内を圧倒、 
キレキレのクールな美サウンドが店内に、 
2ndでは期待の若手小沢咲希(p)がシットイン、 
初出演瀬尾の大熱演も相まって、 
とっても楽しい大盛り上がりのライヴでした。 
それにしても毎回のことながら 
石田、今泉両君のソロは圧巻です。 
  

<出演>守谷美由貴QUARTET 
   守谷美由貴(alto sax) 石田 衛(piano) 
   瀬尾高志(bass) 今泉総之輔(drums) 


P.S. 守谷美由貴QUARTET、次回は8/11(土、山の日)、 
  祝日ですので18時開演です。 


6/24(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
ラテン・フレーバー漂う活気あるサウンドで、 
今や大人気の女性ユニットconvianoのライヴでした。 
三人のオリジナルにキューバ・ナンバー。 
毎回のことながら三人とも端からエナジー全開、 
息もぴったり丁々発止、 
キレキレ&ノリノリの美サウンドが店内に、 
convianoならではの唯一無二の音世界、 
三人の面白突っ込み掛け合いMCも相まって、 
店内拍手喝采、笑顔満開、 
今回もめちゃくちゃ楽しいライヴでした。 
 

<出演>conviano 
   岸 淑香(piano) 中島香里(vibraphone) 藤橋万記(percussion) 


P.S. convianoライヴ、次回は8/26(日)18時開演です。 

 

live | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/6(水)~6/12(火)のライヴ

6/6(水) The Ossan Band LIVE 
ベテラン・ジャズ・ミュージシャン四人が 
当店でのギグをきっかけに結成した大人のロック・バンド 
The Ossan Bandのライヴでした。 
天野、宮地アレンジの懐かしのロック・ナンバー、 
当ライヴ一番の爆音バンドなれど 
そこはベテラン・ジャズ・ミュージシャン 
さすがのナイス・バランスで心地よし、 
クールなビッグ・サウンドが店内に、 
じつに楽しげいやもうノリノリのおっさん四人、 
とっても楽しいライヴでした。 

<出演>The Ossan Band 
   天野 丘(guitar) 宮地スグル(tenor sax) 
   谷 源昌(electric bass) 藤井 学(drums) 


6/7(木) 多田誠司LIVE 
Jジャズ界のトップ・アルトサックス奏者多田誠司のリーダーライヴ、 
今回は当店ではTalkin' side-Aでお馴染み 
今注目の若手ピアニスト永武幹子とのデュオでした。 
スタンダードに多田オリジナル、 
ミンガス、モンク、ジョビンなどのナンバー。 
端からエナジー全開、 
力強いタッチで攻め込む永武、縦横無尽、 
かたや威風堂々と受け応える多田さん、 
とても初デュオとは思えない、 
まさに白熱のインタープレイ、 
とりわけモンクの「グリーン・チムニーズ」での 
永武ピアノの凄かったこと、 
デュオの醍醐味満喫、 
とっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>多田誠司(alto sax) 永武幹子(piano) 

P.S. 多田誠司LIVE、次回は7/24(火)20時半開演、 
  松本 茜(p)との「美女と野獣DUO」です。
 

6/8(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店大プッシュのアルト・サックス奏者原川誠司のリーダーライヴ、 
お馴染みの盟友達を迎えてのスペシャル・クインテットでやって来ました。 
ジャズ・メッセンジャーズや 
キャノンボール・アダレイバンドで 
お馴染みのジャズメン・オリジナルにスタンダードなど。 
言わずと知れた強力フロント陣に躍動感あふれるリズム隊、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
クールなソロが連発、初参加の今村ドラムも大健闘、 
何とも言えない心地良い一体感が店内に、 
「A列車」のバラード・アレンジにはもうびっくり、 
とっても楽しい爽快ライヴでした。 
 

<出演>原川誠司QUINTET 
   原川誠司(alto sax) 谷殿明良(trumpet) 
   紅野智彦(piano) 本川悠平(bass) 今村健太郎(drums) 


P.S. 原川誠司QUINTET、次回は8/5(日)18時開演です。 

6/9(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
毎月一回の熊谷ヤスマサLIVE、今回も驚異の若手二人、 
高橋 陸、山田 玲を迎えてのトリオ・ライヴでした。 
熊の「ドラフトビアー」で始まった今回も 
熊オリジナルにスタンダード、 
ジョー・ヘンダーソン、セロニアス・モンク、 
ハービー・ハンコック等のナンバーとフレキシブルな選曲。 
遠慮容赦なくガンガンいく熊、 
負けずと炸裂する若手ふたり、 
まさに白熱のインタープレイ、 
初参加高橋 陸22歳も大健闘、 
玲アレンジのモンクの「ラウンド・ミッドナイト」、 
熊アレンジのハービーの「カメレオン」では全員大炸裂、 
あっと言う間の2セット、 
とっても楽しい激熱ライヴでした。 
 

<出演>熊谷ヤスマサTRIO 
   熊谷ヤスマサ(piano) 高橋 陸(bass) 山田 玲(drums) 


P.S. 熊谷ヤスマサLIVE、次回は7/23(月)20時半開演、 
  レギュラー・トリオ(with古木佳祐b山田 玲ds)です。 


6/10(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み、 
7thアルバム「AQUARELLE」も大評判、 
当店大プッシュのアルトサックス奏者纐纈歩美のリーダーライヴ、 
今回も今多方面から引く手あまたの人気ピアニスト佐藤浩一とのデュオでした。 
新曲を含め纐纈オリジナル中心、 
凛として威風堂々、どこまでも美しい 
音世界を展開していく纐纈、 
最早風格すら漂う圧巻のステージング 、 
いやもうめちゃめちゃクール、 
そんな纐纈と対峙し流麗なタッチで美音を重ねていく佐藤、 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
まさに至福のひと時、 
筆舌に尽くしがたい至高のライヴでした。 
 

<出演>纐纈歩美(alto sax) 佐藤浩一 (piano) 

P.S.纐纈&佐藤DUO、次回は8/23(木)20時半開演、 
  当店ライヴの顔、名物とも言えるこのデュオ、 
  超絶オススメですのでぜひともご一聴下さい。
 

6/11(月) 井上祐一LIVE 
自己のグループの他、 
向井滋春さん(tb)や大友義雄さん(as)のバンド等で 
都内を中心に活躍中のベテラン・ピアニスト 
井上祐一さんのリーダーライヴ、 
今回もレギュラー・トリオでやって来ました。 
セロニアス・モンクなどの 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
強烈なタッチで縦横無尽、グイグイ引っ張る祐一さん、 
ピアノが鳴る、鳴る、 
レギュラー・トリオならでは、阿吽の呼吸よろしく 
がっちりフォロー&プッシュの強力リズム隊、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
ダイナミックなサウンドが店内に、 
実に爽快、ナイス・トリオ! 
今回もとっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>井上祐一TRIO 
   井上祐一(piano) 本川悠平(bass) 田村陽介(drums) 


P.S.井上祐一TRIO、次回は9/10(月)です。 

6/12(火) 佐津間純LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
当店大プッシュのギタリスト佐津間純のリーダーライヴ、 
今回は敬愛する先輩ベーシスト吉田 豊を迎えてのデュオでした。 
今回で四回目、 
スタンダードの名曲が次から次へ、 
佐津間の繰り出す美音をしっかり受け止め、 
瞬時に対応していく吉田、 
終始笑顔で音を重ねていく二人、 
演奏する喜びに満ち溢れたサウンドが店内に、 
筆舌に尽くしがたい美しさ、 
心地よいことこの上なし、 
圧巻のラスト・ナンバー「この素晴らしき世界」 
今回も爽快でとっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>佐津間純(guitar)  吉田 豊(bass) 

P.S. このデュオ、次回が9/16(日) に決まりました 
  超超超オススメのライヴですので 
  皆様お聴き逃し無きようぜひともお越し下さい。

 

live | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/29(火)~6/5(火)のライヴ

5/29(火)「Pieces of Color / 栗林すみれ」発売記念LIVE 
今人気沸騰中の若手ピアニスト栗林すみれの新作 
「Pieces of Color」の発売記念ライヴ、 
録音メンバーでやって来ました。 
ほとんどアルバム収録曲、未題の新曲等栗林オリジナル、 
レコ発ツアーファイナルとあって、流石の一体感、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
栗林と黒沢のWヴォイスも心地良く、 
どこまでも美しいダイナミックなサウンドが店内に、 
最年少木村ドラム大活躍、 
栗林のゆるゆるMCも相まって、 
とっても楽しいスペシャルライヴでした。 
 

<出演>栗林すみれBAND 
   栗林すみれ(piano) 吉本章紘(tenor sax) 
   黒沢 綾(vocal) 伊東佑季(bass) 木村 紘(drums) 


P.S.栗林LIVEの次回は未定ですが、栗林は、 
  7/3(火)に大井澄東(ds)とのデュオ・ユニット"スミトスミレ"で、 
  7/12(木)には"Reiko Yamamoto The Square Pyramid"で、 
  やってきますので、ぜひともお越し下さい。 


5/30(水)大森ひろカルテットLIVE 
名古屋を活動拠点とする大森ひろカルテットが 
初めてやって来ました。 
ジャズ・メン・オリジナル中心のスタンダード大会、 
とは言えリズム重視の凝ったアレンジばかりで 
実にスリリング、 
めちゃめちゃクールなサウンドが店内に、 
とりわけエルヴィス・コステロの「She」のカヴァーの 
素晴らしかったこと、いやもうびっくり、 
聴き応えのあるとっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 
 

<出演>大森ひろカルテット 
   加納奈実(alto sax) 関根彰良(guitar) 
   出宮寛之(bass) 大森ひろ(drums) 


5/31(木) 栗田妙子LIV
もうすっかりお馴染み、 
バレエの伴奏からフリージャズまでジャンルを越えて 
幅広い活動をしているピアニスト栗田妙子さんのリーダーライヴ、 
今回も斬新なドラムセンスとテクニックが各方面で注目されてる 
ドラマー外山 明さんを迎えてのデュオでした。 
栗田オリジナルに一曲だけ外山ナンバー、 
さりげなく美音を繰り出す栗田さん、 
瞬時に反応し音を重ねて行く外山さん、 
まさに唯一無二の音世界、 
毎回のことながら唯々唖然として聴き入るのみ、 
今回もとってもユニークで楽しいライブでした。 

<出演>栗田妙子(piano) 外山 明(drums) 

P.S. 次回が9/12(水)に決まりました。 
  お時間ございましたらぜひともご体感下さい! 


6/1(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店ではもうすっかりお馴染み、 
今注目のベーシスト千北祐輔のリーダーライヴ、 
今回は関西で活動中の先輩サックス奏者高橋知道を迎えての 
スペシャル・カルテットでやって来ました。 
スタンダードに千北と高橋のオリジナル、 
初組み合わせとのことでしたが、 
そこは名うての精鋭達、 
言わずもがなのナイス・パフォーマンス、 
豪放磊落ご機嫌スウィングの高橋サックス、 
がっちりサポート&激しくプッシュのリズム隊、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
熱きソロが次から次へ、吉良ドラム大炸裂、 
千北&高橋の面白MCも相まって、 
とっても楽しい激熱ライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>千北祐輔QUARTET 
   千北祐輔(bass) 高橋知道(tenor sax) 
   紅野智彦(piano) 吉良創太(drums) 


6/2(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
初リーダー作「Tone Painting」が大好評、 
今注目のピアニスト田窪寛之が録音メンバーの 
レギュラー・トリオで久しぶりにやって来ました。 
ビル・エヴァンスのオリジナルに 
エヴァンスゆかりのナンバー、 
華麗なタッチ、どこまでも美しい田窪ピアノ、 
全幅の信頼を寄せる強力リズム隊と共に、 
筆舌に尽くしがたい美しき音世界を創出、 
唯一無二の田窪ワールド全開、 
店内静寂からの拍手喝采歓喜の声、 
六年ぶりのレギュラー・トリオ出演、 
いやもう大感動、大満足、ナイス・トリオ! 
めちゃめちゃクールなライヴでした。 
終演後速攻で再演をお願いしました。 

<出演>田窪寛之TRIO 
   田窪寛之(piano) 安田幸司(bass) 長谷川ガク(drums) 


P.S.田窪寛之TRIO、次回が10/12(金)に決まりました。 
  超絶オススメですのでぜひともご一聴下さい! 


6/3(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
Jジャズ界トップ・テナー・サックス奏者佐藤達哉が 
今を時めくテナー・サックス奏者浜崎 航を擁したバンド 
佐藤達哉TENOR MADNESSが、 
今回はコードレスのカルテット編成でやって来ました。 
コルトレーンやガレスピーのナンバーに、スタンダード、 
そしてロバータ・フラックのカヴァーなど。 
全員端からエナジー全開、 
Jジャズ界トップテナーの二人、 
流石のナイス・パフォーマンスで店内を圧倒、 
負けじと早川、吉良のリズム隊も大炸裂、 
まさかの「A Night In Tunisia」、 
「Feel Like Making Love」の素晴らしかったこと、 
達哉さんの軽妙洒脱なMCも相まって 、 
とっても楽しい激熱ライヴでした。 
  

<出演>佐藤達哉TENOR MADNESS 
   佐藤達哉(tenor sax) 浜崎 航(tenor sax) 
   早川哲也(bass) 吉良創太(drums) 

 

P.S.佐藤達哉TENOR MADNESS、次回は10/8(月、体育の日)、 
  レギュラー・クインテットでやって来ます。 


6/4(月) 浅利史花LIVE 
1993年生まれ、 
ただ今人気沸騰中のギタリスト浅利史花のリーダーライヴ、 
今回も同世代のレギュラー・トリオでやって来ました。 
スタンダードに浅利オリジナルを挟みつつ映画音楽も。 
結成して約二年、その一体感たるや半端無し、 
どジャズまっしぐらの浅利、めちゃクール、 
エレベで頑張る高橋、ナイス・サウンド 
アクセントが強烈な柳沼、ナイス・グルーヴ、 
メリハリの効いたクールなサウンドが店内に、 
若さ弾けるとっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>浅利史花TRIO 
   浅利史花(guitar) 高橋 将(electric bass) 柳沼佑育(drums) 


P.S. 浅利史花TRIO、次回が8/9(木)に決まりました。 
  超超超オススメですのでぜひともご一聴下さい。
 

6/5(火) 菅原高志LIVE 
当店では菊池太光TRIOでお馴染みのドラマー菅原高志が 
自己のレギュラー・トリオにスペシャル・ゲストとして 
モントリオール在住のサックス奏者碓井雅史を迎えて 
やって来ました。 
全曲馴染み深いスタンダード、 
素晴らしい音色で威風堂々と吹き上げる碓井、 
きらきらピアノ健在、炸裂する太光、 
フレットレスならではの多彩なサウンドで攻める織原、 
そしてじつにダイナミックなドラミングで盛り上げる菅原、 
凄まじいまでのソロが連発、 
絡みも絶品でナイス・アンサンブル、 
聞きしに勝るナイス・バンド、 
菅原MCもユニークで 
とっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

  

<出演>菅原高志QUARTET 
   菅原高志(drums) 碓井雅史(tenor sax) 
   菊池太光(piano) 織原良次(fretless bass) 


P.S. 菅原高志LIVE、次回は10月で調整中です。 

 

live | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/22(火)~5/27(日)のライヴ

5/22(火) 濱田省吾LIVE 
1993年生まれ、 
当店では片山士駿カルテットや中島朱葉バンドでお馴染み、 
今多方面で大活躍中のドラマー濱田省吾のリーダーライヴ、 
今回は今を時めく同世代の精鋭達を伴いやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルに濱田オリジナルなど。 
流石同世代の若き面々、阿吽の呼吸よろしく丁々発止、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
若さ溢れる元気サウンドが店内に、 
ギターとピアノの絡みも絶品でめちゃクール、 
とっても楽しい溌剌ライヴでした。 
浅利ギターはもちろんですが、 
加藤ピアノ超絶オススメですので 
ぜひともご一聴下さい。 
再演熱望! 

<出演>濱田省吾QUARTET 
   濱田省吾(drums) 浅利史花(guitar) 
   加藤友彦(piano) 高橋 陸(bass) 


5/23(水) 鈴木克人LIVE 
前二回のライヴが素晴らしかった、 
当店では江古田クインテットでお馴染みの辣腕ベーシスト 
鈴木克人のレギュラー・トリオが 
スペシャル・ゲストを伴いやって来ました。 
大胆アレンジのジャズ・スタンダード、 
突き抜けるトランペット、炸裂するピアノに 
地を這うベース、そして大活躍のドラム、 
ナイス・サウンド、ナイス・バンド。 
Joeのハイ・ノートの気持ちの良かったこと、 
とっても爽快で楽しいライヴでした。 

<出演>鈴木克人 TRIO+1 
   鈴木克人(bass) 川村 健(piano) 柵木雄斗(drums) 
   Special Guest Joe Motter(trumpet) 


P.S. 鈴木克人TRIO,次回は9/13(木)です。 
  川村 健、要チェック、ぜひともご一聴下さい! 


5/24(木) いとこTRIO LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
驚異のピアノ・トリオ"いとこTRIO"のライヴでした。 
全曲スタンダード、 リハーサル無し、 
簡単な打ち合わせだけからの本番、 
さりげなくイントロを弾き始める片倉、 
瞬時に対応する強力リズム隊、 
さすがの三人阿吽の呼吸よろしく 
丁々発止のインタープレイ、 
際だつ片倉ピアノもう圧巻、 
ピアノが鳴る鳴る、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
ナイス・サウンド、ナイス・トリオ! 
とっても楽しい素晴らしいライヴでした。 

<出演>いとこTRIO 
   片倉真由子 (piano) 千葉広樹(bass) 今泉総之輔(drums) 


P.S. 次回が、9/26(水)20時半開演に決まりました。 
  スケジュール調整が甚だしく難しい 
  超絶オススメのトリオですので、 
  お聴き逃し無きようぜひともお越し下さい。 


5/25(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
1977年イギリス生まれ、 
現在日本で活動中のベーシストPaul Dwyerが 
最近結成したEpsilon Trioで初めてやって来ました。 
スタンダード中心のフレキシブルな選曲、 
生音Paulベース、ナイス・サウンド、 
華麗なタッチ、どこまでも美しい佐久間ピアノ、 
鮮やかなシンバル・ワーク、実にシャープな田村ドラム、 
流石の三人、アイコン一発丁々発止、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
清々しい美サウンドが店内に、 
仄かに漂うヨーロッパの香り、 
とっても心地良い素敵なライヴでした。 

<出演>Epsilon Trio 
   Paul Dwyer(bass) 佐久間優子(piano) 田村陽介(drums) 


P.S.Epsilon Trio、次回は9/21(金)20時半開演です。 

5/26(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染みとなりました、 
ジャンルを超えた独自の音楽性で多くのコンペティションに入賞、 
高評価を得ている新世代コンポーザー型ピアニスト西山 瞳と、 
自己のカルテットや土岐英史グループ等多くのバンドで活躍中の 
人気トランペッター市原ひかりのデュオ・ライヴでした。 
西山オリジナルに、ビル・エヴァンスや 
ジュニア・マンスのナンバーなど。 
華麗なタッチ、どこまでも美しいピアノ、 
優しいトーンで良く歌うトランペット、 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
一段と磨きのかかった市原ヴォーカル、 めちゃクール、 
二人の楽しいMCも何時になく絶好調 、 
今回もとっても爽快で素敵なライヴでした。 
 

<出演>西山 瞳(piano) 市原ひかり(trumpet,vocal) 

P.S. 西山 瞳&市原ひかりDUO 、次回は8/25(土)です。 

5/27(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
昨年の7月オランダで開催された 
The NORTH SEA JAZZ Festival にも出演、 
最近進境著しい気鋭のピアニスト柳 隼一のリーダーライヴ、 
今回はベースが盟友金森もとい、ドラムが今注目の若手吉良創太の 
レギュラー・トリオでやって来ました。 
未題の新曲を含め全曲柳オリジナル、 
全員端からエナジー全開、 
バンドの一体感半端無し、 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
ラストはお約束の名曲「I can't fly」 
まさに全員大炸裂、 
これでもかといった勢いで鍵盤を叩く柳 、 
指がちぎれんばかりの金森、 
負けじと激しくプッシュ,プッシュの吉良、 
いやいや凄いの何の、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>柳 隼一TRIO 
   柳 隼一(piano) 金森もとい(bass) 吉良創太(drums) 


P.S. 柳 隼一TRIO、次回は9/20(木)20時半開演です。 
 

live | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/15(火)~5/20(日)のライヴ

5/15(火) 小林鈴勘Birthday Live 
2ndアルバム「SHAKUHACHI JAZZ」も大好評、 
当店ではもうすっかりお馴染みのジャズ尺八奏者 
小林鈴勘のバースデーライヴでした。 
小林オリジナルを中心にフレキシブルな選曲、 
初顔合わせギグとのことでしたが、 
そこは小林セレクトの旧知の精鋭達、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
暖かみ十分の尺八、透き通った魅惑の歌声、 
コンピングが冴え渡るピアノ、 
多彩な音色のベース、切れ味鋭いドラム、 
心地良い美サウンドが店内に、 
小林の面白実直MCも相まって、 
とっても楽しいスペシャルライヴでした。 
  

<出演>小林鈴勘QUARTET+1 
   小林鈴勘(尺八) 成田祐一(piano) 
   織原良次(fretless bass) 柵木雄斗(drums) 
   Special Guest 須田晶子(vocal) 


5/16(水) trioplan LIVE 
前三回のライヴが素晴らしかった、 
サックス奏者橋爪亮督君のニュー・プロジェクト、 
「trioplan」のライヴでした。 
橋爪オリジナルに一曲だけ佐藤オリジナル、 
アナログ・シンセやキーボードなど 
数種の機材も駆使しての、 
三人の織りなす得も言われぬ美サウンドが店内に、 
まさに唯一無二の音世界、 
橋爪ワールド全開、 
いやもうめちゃめちゃクール、 
只々頭を垂れて聴き入るのみ、 
今回も筆舌に尽くしがたい素晴らしいライヴ でした。 
 

<出演>trioplan 
   橋爪亮督(tenor sax,soprano sax,loops) 
   佐藤浩一(piano,mini moog) 則武 諒 (drums) 


P.S. trioplan LIVE、次回は8月で調整中です。 

5/17(木) 柳 隼一LIVE 
最近進境著しい気鋭のピアニスト柳 隼一のリーダーライヴ、 
今回は、レギュラー・トリオではなく 
スタンダード・ナンバーのみを演奏する新トリオでやって来ました。 
スタンダードにジャズメン・オリジナル、 
一段とパワフルになった柳ピアノ縦横無尽、 
がっちりサポート&激しくプッシュのリズム隊、 
まさに白熱のインタープレイ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
キレキレのダイナミックなサウンドが店内に、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>柳 隼一TRIO 
   柳 隼一(piano) 仲石裕介(bass) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 柳隼一LIVE、次回は5/27(日)19時開演、 
  オリジナルだけを演奏するレギュラー・トリオです。 
  (with 金森もといb吉良創太ds) 
  日曜日ですが諸事情により、19時開演です。 


5/18(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み 
トップ・トロンボーン奏者片岡雄三のリーダーライヴ、 
今回も昨年東京芸大作曲科を卒業し 
今注目の若手ピアニスト魚返明未を迎えてのデュオでした。 
「My Funny Valentine」で始まった今回も 
リクエストを募りながらの進行。 
多彩な音色、メリハリの効いた圧倒的なサウンドで 
店内を魅了する雄三さん、 
負けじと大炸裂で対抗する魚返、 
まさに白熱のインタープレイ、 
じつにダイナミックなサウンドが店内に、 
いやもう凄いの何の、 
デュオとは思えない音圧で迫力満点、 
とりわけラストの「Spain」の強烈だったこと、 
二人とも大炸裂、店内愕然からの拍手喝采歓喜の声、 
そしてまさかのWアンコール、 
雄三さんの饒舌MCも相まって、 
とんでもなく楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>片岡雄三(trombone) 魚返明未(piano) 

P.S.片岡雄三&魚返明未DUO、次回が8/31(金)に決まりました。 
  リクエストOKの楽しいライヴですので 
  お時間ございましたらぜひともお越し下さい。
 

5/19(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
多方面で大活躍中、 
当店ではEKD JAZZ COLLECTIVEでお馴染み、 
気鋭のトランペッター中村恵介が新バンドでやって来ました。 
中村、吉本両君のオリジナルにマイルスのナンバーなど。 
言わずもがなの強力フロント陣、流石のパフォーマンス、 
負けじと炸裂する若きリズム隊、 
リーダーの薫陶よろしく 
ナイス・アンサンブル、ナイスグルーヴ、 
めちゃクールなサウンドが店内に、 
とりわけ魚返ピアノの凄かったこと、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
迫力満点なとっても楽しい激熱ライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>中村恵介QUINTET 
   中村恵介(trumpet) 吉本章紘(tenor sax) 
   魚返明未(piano) 金森もとい(bass) 吉良創太(drums) 


P.S. 中村恵介LIVE、次回は6/21(木)20時半開演、 
  NEW TRIO(with高橋 陸b吉良創太ds)でやって来ます。 


5/20(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュの鬼才フルート奏者太田朱美のリーダーライヴ、 
今回は好評でした前回ライヴの再演、 
今人気沸騰中の超若手ギタリスト浅利史花と 
多方面で活動中の先輩名ベーシスト水谷浩章とのセッションでした。 
太田オリジナルにオーネット・コールマンや 
フレディ・ハバートのナンバーなどフレキシブルな選曲。 
流石名うての精鋭達、 
ナイス・バランス、ナイスアンサンブル、 
良く歌いどこまでも美しい太田フルート、 
いぶし銀の様なプレイを展開する浅利ギター、 
そしてがっちりキープの生音水谷ベース、 
得も言われぬ心地良い美サウンドが店内に、 
いやもうめちゃクール、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
筆舌に尽くしがたい素敵なライヴでした。 

<出演>太田朱美(flute) 
   浅利史花(guitar) 水谷浩章(bass) 

 

P.S. 太田朱美LIVE、次回は9/29(土)です。 
 

live | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/10(木)~5/13(日)のライヴ

5/10(木) Talkin' side-A LIVE 
もうお馴染みとなりました沖縄出身新進気鋭のアルトサックス奏者 
東金城知洋率いる" Talkin' side-A"のライヴでした。 
小林オリジナルで始まった今回も、 
東金城、小林のオリジナルに 
大胆アレンジの「A列車で行こう」。 
東金城のハイテンションMC、 
メンバー紹介で掴みはOK、 
吠えるサックス、飛び交うフルート、 
ぶっ飛びピアノに唸るベース 
そして炸裂するドラム、 
予測不能のTalkin'ワールド全開、 
まさに唯一無二の音世界、 
店内拍手喝采、笑顔満開。 
今回もめちゃ楽しいとんでもないライヴでした。 
 

<出演>Talkin' side-A 
   東金城友洋(alto sax) 小林豊美(flute) 
   永武幹子(piano) 山本裕之(bass) 大井澄東(drums) 


P.S. Talkin’side-A ライヴ、次回は9/2(日)18時開演です。 

5/11(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店ではもうすっかりお馴染み、 
アコースティック・ギターの名手山口友生と 
当店大プッシュの癒し系ピアノ弾き語りシンガー・ソングライター、 
“声のマジシャン”渡辺 薫とのデュオでした。 
ジョビン・ナンバーで始まった今回も、 
渡辺オリジナル、スタンダードに 
Jポップ・カヴァーなどフレキシブルな選曲、 
初ギグからなんと15年にもなるという 
二人の絶妙なコンビネーションで織りなす 
どこまでも美しいアコースティック・サウンドが店内に、 
魅惑のヴォイス渡辺 薫、 
癒しの薫ワールド全開、 
二人の面白掛け合いMCも絶好調、 
店内ほっこり笑顔満開、 
今回も心温まるとっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>山口友生(acoustic guitar & ukulele) 
    渡辺 薫(vocal,piano) 


P.S. 次回ライヴは、8/4(土) に決まりました。 
  超超超オススメですのでぜひともご一聴下さい。 


5/12(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
気鋭のベーシスト吉木 稔率いる 
ビートルズ・ナンバーのみを演奏するジャズ・バンド 
RHIZOMEが久しぶりにやって来ました。 
もちろん全曲ビートルズ関係、 
現メンバーになって丸二年、 
デビュー盤の録音も終わり、 
7月の発売を待つばかりのRHIZOME、 
流石のパフォーマンス。 
冴え渡るクールなアレンジ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
さおりんごスターのコーラスも絶品。 
実に楽し気なメンバー達、 
「EIGHT DAYS A WEEK」では、 
満席の店内、手拍子参加で大盛り上がり、 
今回も内容充実、 
笑顔満開のとっても楽しいライヴでした。 

<出演>RHIZOME 
   吉木 稔(fender bass) 沢村 繁(piano) 
   さおりんごスター☆(drums) 石川早苗(vocal) 


P.S. RHIZOMEライヴ、次回は7/7(土)20時半開演、 
  デビュー盤の発売記念ライヴです。 


5/13(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店ではすっかりお馴染み、 
2ndアルバム「CROSS POINT」も大好評の 
ヴィブラフォン奏者中島香里のリーダーライヴ、 
今回は、自己のトリオを中心に多方面で活躍中の 
先輩ピアニスト松下美千代とのデュオでした。 
二人のオリジナルにハービー・ハンコックのナンバーなど。 
「ガチンコど根性デュオ(by中島香里)」の看板に偽り無し、 
端からエナジー全開でまさに汗だく、 
デュオとは思えない圧巻の音圧、 
相性抜群キレキレの美サウンドが店内に、 
ノリノリのナンバーに心地よいバラード、 
いやもうめちゃクール、 
二人の面白掛け合いMCも相まって、 
今回もとっても楽しい激熱ライヴでした。 
  

<出演>中島香里(vibraphone) 松下美千代(piano) 

P.S. 次回ライヴは8/29(水)20時半開演、 
  超超超オススメですのでぜひともご一聴下さい! 

 

live | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/1(水)~5/8(火)のライヴ

5/1(水) 片山士駿LIVE 
1995年生まれ、国立音大卒、 
今注目のフルート奏者片山士駿のリーダーライヴです。 
今回も好評のレギュラー・カルテットでやって来ました。 
片山オリジナルを中心に、ジャズ・スタンダードなど。 
結成して約二年というバンドならでは、 
その一体感たるや半端無し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
威風堂々と美音を響かせる片山、 
ダイナミックに弾ける加藤との絡みも絶品、 
小気味良いサウンドが店内に、 
今回も若さ溢れるとっても楽しい溌剌ライヴでした。 
 

<出演>片山士駿QUARTET 
   片山士駿(flute) 加藤友彦(piano) 
   吉田 豊(bass) 濱田省吾(drums) 


P.S. 片山士駿、6月からNY留学するそうです。 
  凱旋ライヴ、お願いします! 


5/2(木) 世田谷トリオLIVE 
デビュー盤 ”Introducing Setagaya Trio”も大好評、 
今話題の世田谷トリオがやって来ました。 
大胆アレンジのジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
デビュー盤の収録曲も。 
全員端から大炸裂、 
縦横無尽に疾走するピアノ、凄いのなんの、 
そのダイナミクス・レンジの広さに愕然、 
地を這う極太ベースにきれきれドラム、 
凄まじいまでの仕掛け合い、 
まさに白熱のインタープレイ、 
まさに唯一無二の音世界、ナイス・トリオ! 
今回もめちゃ楽しいとんでもないライヴでした。 

<出演>世田谷トリオ 
   高橋佑成(piano) 岩見継吾(bass) 吉良創太(drums) 


P.S.世田谷トリオ、次回は7/5(木)20時半開演、 
  聞きしに勝るトリオですのでぜひともお越し下さい。 
  高橋佑成必聴!因みに佑成1994年生まれです。 


5/3(木、憲法記念日) 本川悠平LIVE 
自己のバンド"3 tenors "や 
井上祐一TRIOでお馴染みのベーシスト本川悠平のリーダーライヴ、 
今回はアメリカのデトロイトジャズフェスティバル2018にも参加する 
気鋭の若手ギタリスト浅葉裕文と、 
当店では原川誠司バンドでお馴染みの 
先輩ピアニスト紅野智彦を迎えてのセッションでした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
初顔合わせと言いながらも 
リーダー本川の薫陶よろしく 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
小気味良い小粋な美サウンドが満席の店内に、 
紅野ピアノ絶品、 
2nd setでは若林 萌(g)がシットイン、 
とっても楽しい爽快ライヴでした。 
  

<出演>本川悠平TRIO 
   本川悠平(bass) 浅葉裕文(guitar) 紅野智彦(piano) 


5/4(金、みどりの日)「そるとでジャズ・ライヴ」 
毎月一回の熊谷ヤスマサLIVE、 
今回もすっかりお馴染みとなりました驚異の若手二人、 
古木佳祐、山田 玲を迎えてのトリオ・ライヴでした。 
「チェロキー」で始まった今回は、熊オリジナルを挟みつつ、 
ガレスピー、モンクなどのレジェンド・オリジナル中心。 
最早レギュラー・トリオと言える古木と山田とのコラボ、 
アイコン一発丁々発止、攻める攻める、 
まさに激熱、めくるめくソロが連発、 
熊はもちろんのこと古木、山田の凄かったこと、 
ナイス・トリオ! 
今回もとんでもなく楽しいライヴでした。 
 

<出演>熊谷ヤスマサTRIO 
   熊谷ヤスマサ(piano) 古木佳祐(bass) 山田 玲(drums) 


P.S. 熊谷ヤスマサLIVE、次回は6/9(土)20時半開演、 
  高橋 陸(b)山田 玲(ds)とのトリオです。 


5/5(土、こどもの日)「そるとでジャズ・ライヴ」 
デビュー盤「Selfie」も大評判、 
当店大プッシュの才色兼備デュオ・ユニット"村田中"のライヴでした。 
二人のオリジナルにスタンダード、 
二人の織りなすどこまでも美しいサウンドが満席の店内に、 
ユニットとしての熟成度がまた一段とアップしており、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
二人のゆるゆる掛け合いMCも絶好調、 
店内笑顔満開、ほんわかほんわかリラックス、 
今回もとっても心地よい素敵なライブでした。 
 

<出演>村田中 
   村田千紘(trumpet)  田中菜緒子(piano) 


P.S. 村田中LIVE、次回は8/18(土)20時半開演 です。 
  


5/6(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
ただ今人気沸騰中、 
2016年ギブソン・ジャズギターコンテスト 
最優秀ギタリスト松原慶史のリーダーライヴ、 
今回は言わずもがなの素晴らしいメンバーからなる 
クインテットでやって来ました。 
全曲松原オリジナル、 
このクインテットでの録音が決まっていることもあって、 
全員気合い十分、慎重且つ大胆に音を重ねていきます。 
流石今を時めく精鋭達、 
言わずもがなのナイス・パフォーマンス、 
伸びやかでどこまでも美しい松原ギター、 
寺井サックス、佐藤ピアノの絡みも絶品で、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・サウンド、 
気持ちの良いことこの上無し、ナイス・バンド、 
いやもう大満足、素敵なライヴでした。 
再演熱望! 
CDの完成が本当にたのしみです。 
 

<出演>松原慶史QUINTET 
   松原慶史(guitar) 寺井雄一(tenor sax) 
   佐藤浩一(piano) 古木佳祐(bass) 大村 亘(drums) 


5/7(月) 山本玲子LIVE 
2ndアルバム「WILTON'S MOOD」も大評判、 
気鋭のヴィブラフォン奏者山本玲子が 
レギュラー・カルテットでやって来ました。 
山本オリジナルに瀬田アレンジの「TAKE 5」など。 
かれこれ二年近く続けてるこのバンド、 
個々の技量の高さもさることながら、 
その一体感たるや半端なしでナイス・アンサンブル、 
どこまでも美しい小気味良いサウンドが店内に、 
曲良し,音良しで言うこと無し、 
今回もとっても楽しい素敵なライヴでした。 
 

<出演>山本玲子QUARTET 
   山本玲子(vibraphone) 瀬田創太(piano) 
   古木佳祐(bass) 則武 諒(drums) 


P.S. このバンドの次回は未定ですが、 
  山本玲子は6/20(水)に 
  デュオ・ユニットte-teでやって来ますので、 
  こちらもよろしくお願いします。
 

5/8(火) 北島佳乃子LIVE 
当店大プッシュの若手バップ・ピアニスト北島佳乃子が 
レギュラー・トリオでやって来ました。 
ガーシュイン・ナンバーで始まった今回も、 
スタンダードに北島オリジナル、 
端からエナジー全開の北島、 
力強いタッチで縦横無尽、 
また一段とスケールアップ、 
そんな北島が全幅の信頼を寄せている強力リズム隊は、 
もちろんがっちりサポート&プッシュ、プッシュ、 
レギュラー・トリオならでは,その一体感たるや半端なし、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
気持ちの良いダイナミックな美サウンドが店内に、 
実に爽快、北島のゆるゆるMCも絶好調、 
とっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>北島佳乃子 TRIO 
   北島佳乃子 (piano) 金森もとい(bass) 宮岡慶太(drums) 


P.S.北島佳乃子TRIOライヴ、次回は7/15(日)18時開演です。 
  超超超オススメですのでぜひともお越し下さい! 

 

live | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
4/25(水)~4/30(火)のライヴ

4/25(水) 吉本章紘LIVE 
当店ではもすっかりお馴染み今多方面で大活躍中の 
サックス奏者吉本章紘の久々のリーダーライヴ、 
満を持しての新カルテットでやって来ました。 
ほとんど吉本オリジナル、 
これぞテナーサックスと言わんがばかりのサウンドで 
バンドを引っぱる吉本サックス、 
絶妙な音色でバンドを彩る馬場ギター、 
美ラインを紡ぐ金森ベース、 
シンバルワークが冴え渡る則武ドラム、 
吉本ワールド全開、 
まさに唯一無二の音世界、 
いやもうめちゃクール、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
大感動の清々しいライヴでした。 
もちろん終演後速攻で再演を決めました。 
 

<出演>吉本章紘QUARTET 
   吉本章紘(tenor sax) 馬場孝喜(guitar) 
   金森もとい(bass) 則武 諒(drums) 


P.S.吉本章紘QUARTETライヴ、次回は8/8(水)です。 

4/26(木) KVQ LIVE 
当店ではすっかりお馴染み、 
2ndアルバム「CROSS POINT」も大好評の 
ヴィブラフォン奏者中島香里が、 
「CROSS POINT」の録音メンバー、 
自己のバンドKVQでやって来ました。 
今回はオリジナルよりジャズ・スタンダード多めの選曲、 
端からエナジー全開、 
全身全霊を傾けてヴィブラフォンに向かう中島、 
がっちり支える強力リズム隊、 
来月で結成8周年のレギュラー・バンド、 
息もバッチリ、ナイス・アンサンブル、 
どこまでも美しいヴィブラフォン・サウンドが店内に、 
いやもうめちゃめちゃクール、 
中島の愉快なMCも相まって、 
とっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>KVQ 
   中島香里(vibraphone) 後藤 魂(piano) 
   吉木 稔(bass) 安藤正則(drums) 


P.S. KVQライヴ、次回は8/12(日)18時開演です。 

4/27(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
デュオ・ユニットte-teや 
ドラムレス・トリオBavipiでお馴染み、 
バークリー音大卒気鋭の女性ベーシスト 
伊東佑季のリーダーライヴ、 
今回はJジャズ界若手トップ・ピアニスト若井優也と、 
バークリー音大時代からの盟友ドラマー則武 諒を 
迎えてのセッションでした。 
伊東オリジナル中心、則武オリジナルも。 
師匠から借りているという大型楽器を駆使し、 
伸びのある深い音で美ラインを創出する伊東ベース、 
一音一音が驚異的に美しい若井ピアノ、 
そして鮮やかなシンバルワークと 
バランス構成が巧みな則武ドラム、 
そんな三者の織りなすサウンドはじつにシャープで 
どこまでも美しく、心地良いことこの上無し。 
まさに唯一無二の音世界、ナイス・トリオ! 
セカンド・セットでは古市響平(g)がシットイン、 
終わってみれば終演時刻をかるく越えての大熱演、 
いやいや素晴らしい大感動のライヴでした。 
再演大熱望! 
  

<出演>伊東佑季TRIO 
   伊東佑季(bass) 若井優也(piano) 則武 諒(drums) 


P.S. 伊東佑季LIVE、次回は8/2(木)20時半開演、 
  今回と同メンバー、再演です。 


4/28(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
宮ノ上貴昭カルテット、市原ひかりカルテット等 
多くのバンドで活躍中の人気ベーシスト清水昭好のリーダーライヴ、 
今回は多方面で大活躍中のピアニスト成田祐一を迎えてのデュオでした。 
スタンダード、清水オリジナルに 
チャーリー・ヘイデンのナンバーなど。 
初デュオとのことでしたが、 
そこは共演の多い旧知の精鋭二人、 
阿吽の呼吸よろしく丁々発止、ナイス・アンサンブル、 
二人の織りなす繊細且つダイナミックな美サウンドが店内に、 
いやもうめちゃめちゃクール、 
じつに爽快、 
加納奈実(as)のシットインもあり、 
とっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 
  

<出演>清水昭好(bass) 成田祐一(piano) 

4/29(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュのアルト・サックス奏者原川誠司のリーダーライヴ、 
今回は「ORGAN JAZZ」をテーマにオルガン・トリオの雄、 
土田晴信TRIOを迎えてのスペシャル・セッションでした。 
深みのあるオルガン、ソフトなギター、的確なドラムの 
土田TRIOに身を任せ、実に気持ち良さげに吹き上げる原川、 
息もばっちりナイス・アンサンブル、 
ファンキー・ナンバーではオルガン・トリオの面目躍如、 
いやもうノリノリで満席の店内大盛り上がり、 
バラード・ナンバーではブルージー感満載、 
重厚感溢れるオルガン・サウンドが染みる染みる、 
良く歌うギターとサックスの絡みも絶品で言うこと無し、 
気持ちのいいこといいこと、 
オルガン・ジャズ満喫、 
とんでもなく楽しいとってもクールなライヴでした。 
再演熱望! 
 

<出演>原川誠司 with 土田晴信TRIO 
   原川誠司(alto sax) 土田晴信(organ) 
   小暮哲也(guitar) 二本松義史(drums)
 


P.S.今回の四人のメンバーで定期的に来て貰うことをお願いしました。 
  次回は9月で調整中です。 


4/30(月,休) 佐藤達哉TENOR MADNES LIVE 
Jジャズ界トップ・テナー・サックス奏者佐藤達哉が 
今を時めくテナー・サックス奏者浜崎 航を擁したバンド 
佐藤達哉TENOR MADNESSのライヴでした。 
コルトレーンで始まり、コルトレーンで終わった今回も 
クールなジャズメン・オリジナルが次から次へ、 
Jジャズ界トップテナー二人のフロント陣は超強力、 
絡みも絶品でナイス・アンサンブル、 
負けず劣らずがっちりサポート&激しくプッシュのリズム隊、 
全員端からエナジー全開で大炸裂、 
まさに白熱のインタープレイ、 
素晴らしいソロを随所で展開、 
とりわけ吉良の凄かったこと凄かったこと、 
満席の店内、拍手喝采歓喜の声、 
アンコール終わってみればなんと21時の大熱演、 
達哉さんの軽妙洒脱なMCも相まって 、 
大盛り上がりのとっても楽しい激熱ライヴでした。 
  

<出演>佐藤達哉TENOR MADNESS 
   佐藤達哉(tenor sax) 浜崎 航(tenor sax) 
   松本 茜(piano) 早川哲也(bass) 吉良創太(drums) 


P.S.佐藤達哉TENOR MADNESSライヴ、次回は6/3(日)ですが、 
  コードレスのカルテット編成です。 

 

live | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.