Jazz Bar そるとぴーなつ

1980年江古田にオープンしたJazz Barそるとぴーなつの情報を発信します。
6/27(木)~7/6(土)のライヴ

6/27(木) 小林航太LIVE 
今や多くのバンド、セッションで活躍中、 
いつでもどこでも生音勝負の人気ベーシスト 
小林航太朗のリーダーライヴ、 
今回も好評のレギュラー・トリオでやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
どこまでも美しく小気味良いピアノ、 
安定美ラインの極太生音ベース、 
そしてシャープでダイナミックなドラム、 
ビバップまっしぐら、 
ナイス・スウィング、 
ナイス・トリオ、 
とっても爽快でめちゃクール、 
今回も実に楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>小林航太朗TRIO 
   小林航太朗(bass) 富永真紀(piano) 岡部朋幸(drums) 


P.S. 小林航太TRIO、次回は10月以降で調整中です。 

6/28(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店ではRHIZOMEでお馴染みの 
ジャズ・ヴォーカリスト石川早苗が 
超豪華メンバーを伴いやって来ました。 
石川早苗、当店での久々のリーダー・ライヴ、 
それもメンバーのスケジュール調整が甚だ難しく 
ライヴ自体が中々出来ないという人気バンド 
金森もといTRIOとの共演、 
(当店での金森TRIOとヴォーカリストの共演は 
もちろん初めて) 
まさに奇跡的なコラボレーションと石川。 
スタンダードを中心に、 
アントニオ・カルロス・ジョビンのナンバーなど。 
雰囲気たっぷり、伸びやかで美しい歌声の石川ヴォーカル、 
どこまでも美しく良く歌う田窪ピアノ、 
終始笑顔で素晴らしいソロを展開する金森ベース、 
圧倒的なテクニックでバンドを盛り上げる山田ドラム、 
今を時めく精鋭四人、実に楽しげに流石のプレイ、 
しっとりバラードからノリノリの軽快ナンバーまで、 
満席の店内、いやもう大盛り上がり、拍手喝采歓喜の声、 
とりわけ「Waltz for Debby」の素晴らしかったこと、 
奇跡のコラボレーション満喫、 
大感動、大満足の当店では希有な 
ジャズ・ヴォーカル・ナイトでした。 
再演熱望! 

<出演>石川早苗(vocal) 
    田窪寛之(piano) 金森もとい(bass) 山田 玲(drums) 


 

6/29(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
今多方面で活躍中のトランペッター 
中西曉子の当店での初リーダーライヴ、 
新結成した「まじめとりお」の初ライヴでした。 
中西オリジナルを中心に 
ベニー・ゴルソン、ジョン・ヒックス、 
デューク・エリントンのナンバー等。 
初ライヴと言いながらもそこは旧知の精鋭達、 
中西の薫陶よろしく 
ナイス・コンビーネーション、ナイス・アンサンブル。 
優しくたおやかなトランペット、 
美しく小気味良いピアノ、 
そしてとりわけ弓弾きが素晴らしかったベース、 
三人の織りなす美サウンドが店内に。 
あっと言う間の2セット、 
店内、笑顔、笑顔、 
まさに心癒される至福のひとときでした。 
ナイス・ライヴ、ナイス・トリオ! 
終演後即再演をお願いしました。 

<出演>まじめとりお 
   中西曉子(trumpet) 矢藤亜沙巳(piano) 大塚義将(bass) 


P.S. まじめとりお、次回が10/3(木)に決まりました。 
  超超超オススメですのでお時間御座いましたら 
  ぜひともお越し下さい。 


6/30(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュのピアニスト松本 茜のリーダーライヴ、 
ソプラノ・サックス奏者ませひろことのデュオでした。 
二人のオリジナルに 
オスカー・ピーターソン、ミシェル・ルグラン、 
サド・ジョーンズのナンバー等。 
回を重ねる毎に緊密度が増しユニットとして熟成の感有り、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
良く歌うサックス、弾けるピアノ、 
二人の織りなすどこまでも美しいサウンドが満席の店内に、 
得も言われぬ心地良さ、 
二人の楽しいMCも相まって、 
店内笑顔満開、歓喜の声、 
今回も筆舌に尽くしがたい素敵なライヴでした。 

<出演>松本 茜(piano) ませひろこ(soprano sax) 

P.S.このDUOの次回は、9/8(日) 18時開演です。 

7/1(月) 井上祐一LIVE 
自己のグループの他、向井滋春(tb)や大友義雄(as)のバンド等で、 
都内を中心に活躍中のベテラン・ピアニスト井上祐一が、 
お馴染みのレギュラー・トリオでやって来ました。 
スタンダードに、 
マルグリュー・ミラー、ジョン・コルトレーン、 
セロニアス・モンクなどのナンバー。 
いずれもこのトリオならではの大胆アレンジ、 
端からエナジー全開の祐一さん、 
強烈なタッチで縦横無尽、 
ピアノが鳴る、鳴る、 
がっちりフォロー&プッシュの強力リズム隊、 
流石の一体感、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
実に爽快、ナイス・トリオ! 
とっても楽しいライヴでした。 

<出演>井上祐一TRIO 
   井上祐一(piano) 本川悠平(bass) 田村陽介(drums) 


P.S. 井上祐一TRIO、次回は9/24(火)20時半開演です。 

7/2(火) 伊東佑季LIVE 
デュオ・ユニットte-teやドラムレス・トリオBavipiでお馴染み、 
バークリー音大卒気鋭の女性ベーシスト伊東佑季のリーダーライヴ、 
Jジャズ界若手トップ・ピアニスト若井優也とのデュオでした。 
伊東オリジナル中心、 
今を時めく精鋭ふたり、 
今回で四回目とあって、 
最早ユニットとして熟成の感有り、 
まさに白熱のインタープレイ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
二人の織りなす得も言われぬ美サウンドが店内に、 
それにしても若井ピアノの美しかったこと、 
とっても心地よい素敵なライヴでした。 

<出演>伊東佑季(bass) 若井優也 (piano) 

P.S. このDUOの次回が9/11(水)に決まりました。 
  超絶オススメですのでお時間御座いましたら 
  ぜひともお越し下さい。 


7/3(水) RHIZOME LIVE 
ビートルズ・ナンバーのみを演奏するジャズ・バンド 
RHIZOMEがやって来ました。 
デビュー盤「PLAYS THE BEATLES」から丁度一年、 
益々緊密度、自由度が増し、バンドとして熟成の感有り。 
冴え渡るクールなアレンジ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
実に楽し気なメンバー達、 
とりわけ沢村ピアノ大炸裂、 
店内、手拍子参加で大盛り上がり、 
今回も笑顔満開のとっても楽しいライヴでした。 

<出演>RHIZOME 
   吉木 稔(fender bass) 沢村 繁(piano) 
   さおりんごスター☆(drums) 石川早苗(vocal) 


P.S. 次回は10月以降で調整中です。 

7/4(木) 井上 智TRIO LIVE 
21年間ものニューヨークでの活動を終えて帰国、 
今多忙を極める巨匠ギタリスト井上 智が 
お馴染みのレギュラー・トリオでやって来ました。 
スタンダードに井上オリジナル、 
ハンク・モブレー、ソニー・ロリンズなどのナンバー。 
流石全幅の信頼を寄せるレギュラー・トリオ、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル、 
心地よいウォームな美サウンドが店内に、 
おおらかな智さんワールド全開、 
リラックス・モードで店内ほっこり、笑顔満開、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>井上 智TRIO 
   井上 智(guitar) 増原 巖(bass) 横山和明(drums) 


P.S. 井上 智TRIO、次回は8/27(火) 20時半開演です。 

7/5(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
1977年イギリス生まれ、現在日本で活動中のベーシスト 
Paul DwyerのEpsilon Trioがやって来ました。 
今回で五回目、 
スタンダード中心のフレキシブルな選曲。 
華麗なタッチ、凛として美メロを紡ぐ佐久間ピアノ、 
ピアノが鳴る鳴る、 
美ラインで安定感抜群、 
アルコも素晴らしかったポール・ベース、 
巧みなシンバル・ワーク、 
切れ味鋭いドラミングで 
バンドを躍動させる田村ドラム、 
三人の織りなす清々しい美サウンドが店内に、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
仄かに漂うヨーロッパの香り、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もとっても心地良いシックなライヴでした。 

<出演>Epsilon Trio 
Paul Dwyer(bass) 佐久間優子(piano) 田村陽介(drums) 


P.S.次回は、10月以降で調整中です。 

7/6(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み、 
新作「Reiko Yamamoto The Square Pyramid」も大評判、 
気鋭のヴィブラフォン奏者山本玲子と、 
バークリー音大後輩のベーシスト伊東佑季との 
デュオ・ユニット"te-te"がやって来ました。 
二人のオリジナルにスタンダード、 
ゲイリー・バートンやマイルス・デイヴィスのナンバー等。 
結成から三年、 
阿吽の呼吸よろしくナイス・アンサンブル、 
クールでどこまでも美しいサウンドが店内に、 
気持ちの良いこと、良いこと、 
マイルスの「So What」にはびっくり、 
二人の面白MCも相まって、店内笑顔満開、 
とっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 
それにしてもte-teの「Lawns/Carla Bley」は本当に美しい! 

<出演>te-te 
   山本玲子(vibraphone) 伊東佑季(bass) 


P.S. te-teライヴ、次回は9/25(火) 20時半開演です。 

 

live | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/20(木)~6/25(火)のライヴ

6/20(木) 柳 隼一LIVE 
最近進境著しい気鋭のピアニスト柳 隼一、 
この3月のライヴが素晴らしかったトリオの再演でした。 
スタンダードにビル・エヴァンスなどのナンバー。 
旧知の精鋭三人、 
アイコン一発で丁々発止、 
まさに白熱のインタープレイ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
キレキレの美サウンドが店内に、 
凄まじいソロの応酬に 
店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もとんでもなく楽しいライヴでした。 

<出演>柳 隼一TRIO 
   柳 隼一(piano) 若井俊也(bass) 柵木雄斗(drums) 


P.S. このトリオの次回は、9/23(月,祝) 18時開演です。 

6/21(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
新作「Love is Blue」が大好評、 
今注目の板垣光弘TRIOが初めてやって来ました。 
意を凝らしたスタンダードに板垣オリジナル、 
力強いタッチ、 
ダイナミックな美サウンドで店内を圧倒する板垣ピアノ、 
極太美ラインの吉木ベース、 
そしてシャープに切り込み盛り上げる三科ドラム、 
流石の一体感、ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
うっとりバラードに大盛り上がりの快速ナンバー、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
選曲の妙も相まって、 
ピアノトリオの醍醐味満喫、 
じつに爽快、とっても楽しい発登場ライヴでした。 
終演後即再演をお願いしました。 

<出演>板垣光弘TRIO 
   板垣光弘(piano) 吉木 稔(bass) 三科律子(drums) 


P.S. 板垣光弘TRIO、次回が9/17(火)に決まりました。 
  超絶オススメですので 
  お時間御座いましたらぜひともお越し下さい。 


6/22(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
1st ALBUM"Arise"が話題のデュオ・ユニットめぐたろうが 
サックス奏者吉本章紘を伴い初めてやって来ました。 
全曲めぐたろう二人のオリジナル、 
アンコールだけスタンダード。 
新たな世界を求めて 
吉本に共演をお願いしたというめぐたろうの二人、 
美しくも難曲揃いのオリジナルに、 
テナーサックスのみならず、ソプラノサックス、 
クラリネットも使って対応した吉本、 
初共演とは思えぬ絶妙なコンビネーション、 
躍動感一杯のメリハリの効いた 
コンテンポラリー美サウンドが満席の店内に、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・ソロ、 
いやもうびっくりナイス・サウンド、ナイス・トリオ! 
めぐたろう二人の丁寧な曲紹介も相まって、 
店内ほっこりリラックス、 
とっても楽しい発登場ライヴでした。 
終演後即この三人での再演をお願いしました。 

<出演>めぐたろう+1 
   大谷 愛(piano) 中山健太郎(drums) 
   special guest 吉本章紘(tenor sax) 


P.S. この三人での再演が、大分先ではありますが、 
  1/18(土)に決まりました。 
  超絶オススメですのでぜひともお越し下さい! 


6/23(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店ではconvianoでお馴染みのピアニスト岸 淑香のリーダーライヴ、 
多方面で大活躍中のサックス奏者田中邦和とのデュオでした。 
キース・ジャレット、 
ホレス・シルヴァー、スティーブ・スワロー、 
チャーリー・ミンガス等のナンバーに岸オリジナル。 
今回で六回目、意志の疎通もばっちり、 
ダイナミクス・レンジの広い多彩なサウンドで 
店内を魅了する田中、これぞテナーサックス。 
自由奔放、縦横無尽の岸、ピアノが鳴る鳴る、 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
二人の面白掛け合いMCも絶好調、 
曲良し、音良し、MC良しでもう最高、 
今回もとんでもなく楽しいライヴでした。 

<出演>岸 淑香(piano) 田中邦和(tenor sax) 

P.S.次回が9/16(月、敬老の日)に決まりました。 
  尚、次回はタップダンサーの吉田つぶらが加わっての 
  トリオとなります。とっても楽しみなライヴですので 
  お時間御座いましたらぜひともお越し下さい。 
  祝日ですので18時開演です。
 

6/24(月) ヤムヤムズLIVE 
この3月の初登場ライヴで店内を興奮の坩堝と化した 
ヤムヤムズが再びやって来ました。 
チャーリー・ヘイデン、本田竹広、 
板橋文夫、ランディ・ウェストン 、 
林 栄一などのナンバーに守谷オリジナル。 
店内の異様な盛り上がりに、 
全員端からパワー全開、 
流石のプレイで店内を圧倒、 
その技量の高さは言うに及ばず、 
その弾けぶりの凄かったこと、 
あっけにとられるソロの応酬、 
メンバー全員の大炸裂に、 
興奮の坩堝と化した店内、拍手喝采歓喜の声、 
ライヴの醍醐味、楽しさを満喫、 
大興奮の激熱ライヴでした。 
ナイス・バンド! 
ヤムヤムズ、今後定期的に来て貰います。 

<出演>ヤムヤムズ 
   守谷美由貴(alto sax) 永武幹子(piano) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 次回が9/12(木)に決まりました。 
  超絶オススメですのでお聞き逃し無きよう 
  万事お繰り合わせの上ぜひともお越し下さい。 
  百聞は一見にしかず、ヤムヤムズ必聴! 


6/25(火) 谷殿明良LIVE 
当店では原川誠司QUINTETでお馴染みの 
トランペッター谷殿明良のリーダーライヴ、 
久しぶりにレギュラー・クインテットでやって来ました。 
谷殿オリジナル中心、 
長く続けてるバンドながら久々のライヴとのことでしたが、 
そこは全員多忙を極める精鋭達、 
流石のプレイを展開、 
阿吽の呼吸よろしく、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
心地良い美サウンドが店内に、 
谷殿のゆるゆるMCも相まって、 
店内笑顔満開の大盛り上がり、 
アンコールでは駒野逸美(tb)江澤 茜(as)清水昭好(b) 
増原 巖(b)がシットイン、 
とんでもなく楽しい復活ライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>谷殿明良QUINTET 
   谷殿明良(trumpet) 吉本章紘(tenor sax) 
   宮川 純(piano) 金森もとい(bass) 横山和明(drums) 

 

live | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/13(木)~6/19(水)のライヴ

6/13(木) 多田誠司LIVE 
Jジャズ界のトップ・アルトサックス奏者多田誠司のリーダーライヴ、 
今回は昨年洗足音大を卒業し、 
今多方面で活躍中のピアニスト小沢咲希とのデュオでした。 
二人のオリジナルにジャズ・スタンダード、 
フルートでスタート、流石のプレイを展開する多田さん、 
来る度に進化、力強いタッチで応戦する小沢、 
ピアノが鳴る鳴る、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル、 
クールな美サウンドが店内に、実に爽快、 
多田さんの軽妙洒脱なMCも相まって、 
とっても楽しいライヴでした。 
 

<出演>多田誠司(alto sax) 小沢咲希(piano) 

P.S. 多田誠司ライヴ、次回は7/7(日) 18時開演、 
  ピアノの化身菊池太光とDUOです。 
  尚、小沢は、7/19(金)に 
  自己のトリオでやって来ます。 
  (with千北祐輔b利光玲奈ds) 


6/14(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
デビュー盤「ABOUT US !!」が大好評、 
今注目のごさきりかこTrioが初めてやって来ました。 
メンバー・オリジナルにスタンダード、 
明朗快活良く歌うピアノ、 
美音で安定のベース、 
そしてシャープなすっきりドラム、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル、 
小気味良い美サウンドが店内に、 
ごさきとりかこの面白掛け合いMCも相まって、 
店内笑顔満開、 
とっても楽しい初登場うきうきライヴでした。 
終演後即再演をお願いしました。 

<出演>ごさきりかこTrio 
   後藤沙紀(piano) 寺尾陽介(bass) 鈴木梨花子(drums) 


P.S. ごさきりかこTrio、次回が9/7(土)に決まりました。 
  とっても楽しいバンドですので 
  お時間御座いましたらぜひともお越し下さい。 


6/15(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み 
当店大プッシュのアルト・サックス奏者守谷美由貴のリーダーライヴ、 
今回も全幅の信頼を寄せるレギュラー・カルテットでやって来ました。 
全曲新旧取り混ぜ守谷オリジナル、 
鉄壁のリズム隊をバックに 
威風堂々と吹き上げる守谷、 
最早風格すら漂うステージング、 
キレキレのクールな美サウンドが店内に、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ 、 
メンバー全員素晴らしいソロを展開、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>守谷美由貴QUARTET 
   守谷美由貴(alto sax) 石田 衛(piano) 
   小牧良平(bass) 今泉総之輔(drums) 


P.S. 守谷美由貴QUARTETの次回は8/3(土)ですが、 
  守谷美由貴は6/24(月)に、自己のベースレス・バンド 
  ヤムヤムズ(with永武幹子p柵木雄斗ds) で 
  やって来ますので、こちらもよろしくお願いします。 


6/16(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店大プッシュのピアニスト北島佳乃子の初ソロ・ライヴでした。 
スタンダードにデューク・ジョーダン、バリー・ハリス、 
バド・パウエル、エロール・ガーナー等のナンバー、 
そしてなんとビートルズ・ナンバーも。 
凛としてピアノに向かう北島、 
繊細かつダイナミックな美サウンドが店内に、 
いやもうめちゃクール、唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
静寂からの拍手喝采、 
とっても爽快な楽しいライヴでした。 

<出演>北島佳乃子(piano) 

P.S. 北島佳乃子LIVE、次回は9/21(土)20時半開演、 
  トリオ(with 金森もといb柵木雄斗ds)でやって来ます。 


6/17(月) 吉本章紘LIVE 
当店ではもうすっかりお馴染み、 
大西順子BAND等今多方面で大活躍中のサックス奏者 
吉本章紘のリーダーライヴ、 
今回も大好評のレギュラー・カルテットでやって来ました。 
ほとんど吉本オリジナル、 
流石のメンバー、絶妙なコンビネーションで、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
いやもうめちゃめちゃクール、 
どこまでも美しいコンテンポラリー・サウンドが店内に、 
吉本ワールド全開、カッコいいの何のって、 
全員素晴らしいソロを展開、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
アンコールでは 
北島佳乃子(p)がシットインして大盛り上がり、 
今回も大感動のとっても楽しいライヴでした。 

<出演>吉本章紘QUARTET 
   吉本章紘(tenor sax) 馬場孝喜(guitar) 
   金森もとい(bass) 則武 諒(drums) 


P.S.吉本章紘QUARTETライヴ、 
  次回は9/29(日)18時開演です。 
  尚、吉本は6/22(土)にめぐたろう+1で 
  やって来ますので、こちらもよろしくお願いします。
 

6/18(火) 熊谷ヤスマサLIVE 
毎月一回の熊谷ヤスマサLIVE、 
今回はベースに大塚義将、 
ドラムにお馴染み驚異の若手山田 玲を迎えてのトリオでした。 
熊オリジナルにスタンダード、 
トミー・フラナガンのナンバー等。 
全員端からエナジー全開 、 
遠慮容赦なくガンガンいく熊、 
トリオ共演は七年ぶりという大塚でしたが、 
さすが今を時めく腕っこき、 
初見オリジナル何するものぞの勢いで、 
レギュラー山田もビックリの 
素晴らしいプレイを展開、 
がっちりサポート、激しくプッシュの若手二人、 
まさに白熱のインタープレイ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
炸裂する熱いソロに、店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もめちゃ楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>熊谷ヤスマサTRIO 
   熊谷ヤスマサ(piano) 大塚義将(bass) 山田 玲(drums) 


P.S. 熊谷ヤスマサLIVE、次回は7/22(月)20時半開演、 
  レギュラー・トリオ(with古木b&山田ds)です。 


6/19(水) Hot Milk LIVE 
当店ではもうすっかりお馴染みの二人のデュオ・ユニット 
Hot Milkがやって来ました。 
スタンダードにウェイン・ショーター、 
ハービー・ハンコック、 
アントニオ・カルロス・ジョビン等のナンンバー、 
そして二人のオリジナルも。 
プライヴェートでも親交の長い盟友デュオ、 
絶妙なコンビネーション、 
良く歌うサックス、弾けるピアノ、 
クールで小気味良い美サウンドが店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、 
二人の面白掛け合いMCも相まって、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>Hot Milk 
   ませひろこ(soprano sax) 福井アミ(piano) 


P.S. Hot Milkライヴ、次回は8/13(火)20時半開演です。 
 

live | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
6/7(金)~6/11(火)のライヴ

6/7(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
気鋭のフルート奏者坂野尚子のリーダーライヴ、 
坂野の念願だったハンさんとのデュオの四回目、 
ハンさんの離日が決まった為、 
なんと当ライヴが彼女の日本でのラスト・ライヴでした。 
セロニアス・モンク、 
ウェイン・ショーター、 
オーネット・コールマン、 
ビル・エヴァンスなどのナンバーにスタンダード。 
これが最後の共演とあって、 
端からいつも以上にハイ・テンションの坂野、 
熱く入魂のプレイを展開、 
そんな坂野を優しく包み込む様に、 
いつものように飄々と 
華麗な鍵盤さばきで 
重厚感あふれる得も言われぬ美音を繰り出すハンさん、 
ピアノが鳴る鳴る、 
その大胆なアプローチ、あまりの美しさに 
満席の店内拍手喝采歓喜の声、 
実に楽しげな二人、いやもう大感動、 
とっても楽しい素敵なメモリアル・ナイトとなりました。 

「またね、See You!」と言って帰っていったハンさん、 
素晴らしい時間をありがとう、 
「また、何時の日か、待ってますよ!」 

<出演>坂野尚子(flute) Francesca Han(piano) 

6/8(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
1993年生まれ、 
今注目の若手ギタリスト若林 萌が、 
この3月のライヴが好評でしたカルテットで再びやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルを中心にスタンダード、 
アメリカン・ポップス・カヴァーとフレキシブルな選曲、 
二回目のギグということもあって、 
バンド全体の緊密度が増し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
ギターとピアノの絡みも絶品で、 
小気味良い美サウンドが店内に、 
ラストの「You Are My Sunshine」、 
自分の大好きな曲だけにもう大感激、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 
ナイス・バンド! 

<出演>若林 萌QUARTET 
   若林 萌(guitar)  紅野智彦(piano) 
   寺尾陽介(bass) 鈴木梨花子(drums) 


P.S. 若林萌QUARTET、次回は9/1(日)です。 

6/9(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店ではconvianoでお馴染みのパーカッショニスト 
藤橋万記率いるラテン・ユニット"Congri"がやって来ました。 
新旧取り混ぜキューバ・ナンバー中心、 
咆えるサックス、突き抜けるフルート、 
炸裂するダイナミック・ピアノ、 
そして変幻自在のパーカッション、 
目くるめくリズム、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
満席の店内、拍手喝采歓喜の声、 
藤橋の面白解説MCも相まって 
今回もとっても楽しいライヴでした。 
大好きなバンド、 
みなさまぜひ一度ご体感下さい。 

<出演>Congri 
   藤橋万記(percussion) 竹内 直(saxophone) 楠 直孝(piano) 


P.S. Congriライヴ、次回は9/2(月)20時半開演です。 

6/10(月) 木村 紘LIVE 
バークリー音大卒、 
今多方面で大活躍中の若手ドラマー木村 紘が 
レギュラー・カルテットでやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルに大胆アレンジのスタンダード、 
木村オリジナルも。 
威風堂々たる中島サックス、 
ここぞと弾ける石田ピアノ、 
美ラインの古木ベース、 
そして炸裂する木村ドラム、 
さすがレギュラー・カルテット、 
その一体感たるや半端無し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ 、 
極上コンテンポラリー・サウンドが店内に、 
じつに爽快、ナイス・バンド、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>木村 紘QUARTET 
   木村 紘(drums) 中島朱葉(alto sax) 
   石田 衛(piano) 古木佳祐(bass) 


P.S. 木村 紘 QUARTET、次回は10/22(火)20時半開演、 
  超超超オススメですので 
  お時間御座いましたらぜひともお越し下さい。 


6/11(火) 村上 寛LIVE 
もうすっかりお馴染みとなりました 
レジェンド・ドラマー村上 寛のリーダーライヴ、 
今回も今を時めく若手の精鋭達とのスペシャル・バンドでやって来ました。 
メンバー・オリジナルにスタンダード、 
端からの寛さんの容赦ないクールなプッシュに、 
嬉々として熱いプレイを展開する若手三人、 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
毎回書いてますが、 
リスペクトしている大先輩と演奏していることの 
喜び、楽しさがビンビン伝わって来ます。 
若手全員素晴らしいソロを展開、 
そしてそれらを凌駕する寛さんの 
力感溢れる凄まじいソロも。 
あっと言う間の2セット、 
今回もとっても感動的な素晴らしいライヴでした。 
因みに寛さん1948年生まれです。 

<出演>村上 寛BAND 
   村上 寛(drums)  森田修史(tenor sax) 
   田中菜緒子(piano) 吉田 豊(bass) 


P.S. 村上 寛BAND、次回は9/18(水)20時半開演、 
  今回と同じメンバーです。 

 

live | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/30(木)~6/6(木)のライヴ

5/30(木) 濱田省吾LIVE 
この2月のライヴが大好評でした濱田省吾TRIOの再演でした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
リスペクトしている両先輩の胸を借り、 
シャープでダイナミックなプレイを展開する濱田、 
そんな濱田を包み込むように、 
流石のプレイで対応する両先輩、 
まさに白熱のインタープレイ、 
めちゃクールなキレキレの美サウンドが店内に、 
白眉はハービー・ハンコックの「Chan's Song」、 
三人とも大炸裂、 
そのあまりの迫力に店内拍手喝采、歓喜の声、 
濱田のユニークなMCも相まって、 
とっても楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>濱田省吾TRIO 
   濱田省吾(drums) 石田 衛(piano) 若井俊也(bass) 


P.S. 嬉しいことに次回が8/1(木)に決まりました。 
  超絶オススメですのでぜひ一度ご体感下さい。 


5/31(金) 「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店大プッシュの若手アルトサックス奏者中島朱葉のリーダーライヴ、 
今回は当店では自己のトリオや村田中でお馴染みの 
人気ピアニスト田中菜緒子を迎えてのデュオでした。 
スタンダードにトニーニョ・オルタのナンバー等。 
共演の多い二人、意志の疎通もバッチリ、 
威風堂々と吹き上げる中島、 
そんな中島を包み込む様に凛として美音を繰り出す田中、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・ソロ、 
どこまでも美しいクールなサウンドが満席の店内に、 
とりわけバラードの素晴らしかったこと、 
店内静寂からの拍手喝采、歓喜の声、 
とっても楽しい素敵なライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>中島朱葉(alto sax) 田中菜緒子(piano) 

P.S.中島朱葉LIVE、次回は7/16(火)カルテットです。 
  尚、田中菜匯劼7/13(土)に村田中で、 
  8/22(木)には自己TRIOでやって来ます。
 

6/1(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
デビュー盤「My Soul Meeting」が大好評の人気ベーシスト金森もといが、 
録音メンバーのレギュラー・トリオでやって来ました。 
大胆アレンジのスタンダードに金森オリジナル、 
スケジュール調整が甚だ 難しく 
ライヴが中々出来ないというこのトリオですが、 
そこは長く続けてる、 
それも今を時めく超腕っこきの三人、 
金森の薫陶よろしく端からエナジー全開で、 
丁々発止のインタープレー、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
クールな美サウンドが満席の店内に、 
キレキレの田窪を筆頭に全員素晴らしいソロを展開、 
金森の愉快なMCも相まって、 
店内笑顔満開、大盛り上がり 、拍手喝采歓喜の声、 
2ndセットでは、なんと大野えりさん(vo)がシットイン、 
いやもうとっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 
ナイス・トリオ! 
再演熱望! 

<出演>金森もといTRIO 
   金森もとい(bass) 田窪寛之(piano) 山田 玲(drums) 


P.S. このトリオのライヴは未定ですが、 
  6/28(金)の石川早苗(vo)LIVEに 
  このトリオがやって来ますのでよろしくお願いします。 


6/2(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
今多方面で大活躍中の若手アルトサックス奏者 
中山拓海のリーダーライヴ、 
今回も前二回のライヴが好評でしたトリオでやって来ました。 
全曲ジャズ・スタンダードながら、 
テーマを吹かないという果敢な試みの三回目、 
豪放磊落縦横無尽の中山サックス、 
自由奔放驚嘆の冨樫ベース、 
そして変幻自在炸裂の吉良ドラム、 
終始三人のせめぎ合い、 
まさに白熱のインタープレイ。 
流麗なフレーズで店内を圧倒した中山、 
激熱なソロを展開した冨樫と吉良、 
店内拍手喝采、 歓喜の声、 
若さ漲るとってもクールなライヴでした。 
因みに中山1992年、冨樫2001年、吉良1989年生まれです。 

<出演>中山拓海 TRIO 
   中山拓海(alto sax) 冨樫マコト(bass) 吉良創太(drums) 


P.S.中山拓海TRIO、次回は7/28(日)18時半開演です。 
  超絶オススメですのでお時間御座いましたら 
  ぜひともお越し下さい。 


6/4(火) 浅利史花LIVE 
1993年生まれ、 
ただ今人気沸騰中のギタリスト浅利史花のリーダーライヴ、 
今回は新編成のカルテットでやって来ました。 
スタンダード、ジャズメン・オリジナルに 
アントニオ・カルロス・ジョビンのナンバー、 
浅利オリジナル。 
初組み合わせとのことでしたが、そこは旧知の 
大ベテランと今を時めく若手の精鋭達、 
浅利の薫陶よろしく、意志の疎通もばっちりで、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
絡みも絶妙な良く歌うギターとピアノ、 
どっしり安定のベースにシャープなドラム、 
小気味良い美サウンドが満席の店内に、 
浅利の愉快なMCも相まって、 
店内、笑顔満開、拍手喝采歓喜の声、 
とっても楽しい小粋なライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>浅利史花QUARTET 
   浅利史花(guitar) 北島佳乃子(piano) 
   小杉 敏(bass) 柳沼佑育(drums) 


P.S. 浅利史花LIVE、次回は9/22(日)です。 

6/5(水) 土田晴信ORGAN QUARTET LIVE 
毎回店内を興奮の坩堝と化す 
土田晴信ORGAN QUARTETがやって来ました。 
「But Not For Me」で始まり「Sugar」で終わった今回も 
じつにフレキシブルな選曲。 
多彩でクールなオルガンに良く歌うサックスとギター、 
そしてビシット締めるドラム、 
小気味良い美サウンドが店内に、 
得も言われぬブルージーな音世界、 
カッコイイの、気持ちイイのって、もう最高、 
店内、拍手喝采歓喜の声、 
アンコールの「Just The Two Of Us」にはもうびっくり、 
今回も爽快なとっても楽しいライヴでした。 
ナイス・バンド! 

<出演>土田晴信ORGAN QUARTET 
   土田晴信(organ) 原川誠司(alto sax) 
   小暮哲也(guitar) 二本松義史(drums) 


P.S. 土田晴信ORGAN QUARTET、次回は9/15(日)です。 

6/6(木) 田中菜匯LIVE 
ただ今人気沸騰中、当店ではもうすっかりお馴染みのピアニスト 
田中菜緒子のリーダーライヴ、 
今回はお馴染みとなりました多方面で活躍中の 
Jジャズ界のファースト・コール・トランペッター 
岡崎好朗を迎えてのデュオでした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
田中オリジナルも。 
華麗なタッチ、どこまでも美しい田中ピアノ、 
心地良く響き渡る岡崎トランペット、 
当ライヴの看板と言ってもいいこのDUO、 
益々緊密度が増し、ナイス・コンビネーション、 
二人の織りなす清々しい美サウンドが店内に、 
田中のゆるゆるMCも相まって、 
店内、笑顔満開、拍手喝采歓喜の声、 
今回もとっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>田中菜緒子(piano) 岡崎好朗(trumpet) 

P.S. 田中&岡崎DUO、次回は8/29(木)20時半開演です。 
  超絶オススメの素晴らしいライヴですので 
  ぜひ一度お越し下さい。 
  尚、田中菜匯劼6/11(火)に村上 寛BAND、 
  7/13(土)に村田中、 
  8/22(木)には自己トリオでやって来ます。 

 

live | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/20(月)~5/28(火)のライヴ

5/20(月) 世田谷トリオLIVE 
1st album ”Introducing Setagaya Trio”も大好評、 
今話題の世田谷トリオがやって来ました。 
メンバー・オリジナルにスタンダードや、 
セロニアス・モンク、パット・メセニー等のナンバー。 
全員端からエナジー全開、 
縦横無尽に疾走し弾けるピアノ、 
地を這う極太ベースにきれきれドラム、 
凄まじいまでの仕掛け合いで全員大炸裂、 
若さ漲るダイナミックなサウンドが店内に、 
凄い音圧、迫力満点、 
高橋ピアノの美しかったこと、 
とんでもなく楽しい怒濤のライヴでした。 

<出演>世田谷トリオ 
   高橋佑成(piano) 岩見継吾(bass) 吉良創太(drums) 


P.S. 世田谷トリオ、次回は9月で調整中です。 

5/21(火) 鈴木克人LIVE 
当店では江古田クインテットでお馴染みの 
辣腕ベーシスト鈴木克人のリーダーライヴ、 
大好評のレギュラー・トリオでやって来ました 
オーネット・コールマン、セロニアス・モンクなどの 
ナンバーにスタンダード、ソウル・ナンバーのカヴァー、 
そして鈴木オリジナルとフレキシブルな選曲。 
ぶっ飛びの川村ピアノ、縦横無尽、 
弓弾きが冴える鈴木ベース、安定感抜群、 
シンバル・ワークも鮮やかに 
炸裂する柵木ドラム、迫力満点、 
ナイス・アンサンブル、 
ナイス・グルーヴ、ナイス・ソロ、 
メリハリの効いたクールなサウンドが店内に、 
実に爽快、とっても楽しいライヴでした。 
ナイス・トリオ! 

<出演>鈴木克人 TRIO 
   鈴木克人(bass) 川村 健(piano) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 鈴木克人TRIO、次回は9/4(水)20時半開演です。 

5/22(水) 上長根明子LIVE 
気鋭のピアニスト上長根明子が 
レギュラー・トリオでやって来ました。 
吉川大介、原島燎平両君は初出演、 
上長根オリジナルを中心にスタンダードなど、 
吉川オリジナルも。 
1st アルバム「Pleasant Time」を 
リーリースしたばかりのこのトリオ、 
流石の一体感、アイコン一発で、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
クールで清々しい美サウンドが店内に、 
ナイス・トリオ! 
明るい上長根ピアノに元気を貰えた、 
とっても楽しい初登場ライヴでした。 
もちろん終演後即再演をお願いしました。 

<出演>上長根明子 TRIO 
   上長根明子(piano) 吉川大介(bass) 原島燎平(drums) 


P.S. 上長根明子TRIO、次回は8/30(金)20時半開演です。 

5/23(木) Bavipi LIVE 
当店ではもうすっかりお馴染みの三人のユニット 
Bavipi(バビッピ)がやって来ました。 
「Take 5」で始まった今回も、 
三人のオリジナルにスタンダード、 
ウエス・モンゴメリーのナンバー、 
アルゼンチンものなどフレキシブルな選曲。 
当店でのギグをきっかけにスタートしたBavipi、 
かれこれ二年、最早バンドとして熟成の感あり。 
和気あいあいとした雰囲気の中、 
端からエナジー全開の三人、 
阿吽の呼吸よろしく丁々発止、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・ソロ。 
明朗快活清々しいサウンドが満席の店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、 
三人の掛け合いMCも面白く、 
店内、笑顔満開、拍手喝采歓喜の声、 
今回もとっても楽しい 
めちゃめちゃクールなライブでした。 

<出演>Bavipi 
   岸 淑香(piano) 中島香里(vibraphone) 伊東佑季(bass) 


P.S. Bavipiライヴ、次回は9/6(金)20時半開演です。 

5/24(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店大プッシュのバンド "THE BON BONES "がやって来ました。 
上杉、駒野のオリジナル中心、 
二年ぶりの復活ライヴでしたが、 
そこは今を時めく精鋭達のレギュラー・バンド、 
バンドの一体感健在で、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
このバンドならではのふくよかな美サウンドが満席の店内に、 
久々の上杉の歌声も心地良く、店内拍手喝采歓喜の声、 
あっと言う間の2セット、 
アンコールではJames Macaulay (tb)がシットイン、 
いやもう大盛り上がり、 
とっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 
再演熱望! 
 

<出演>THE BON BONES 
   上杉 優(trombone,vocal) 駒野逸美(trombone) 
   佐久間優子(piano) 吉田 豊(bass) 安藤正則(drums) 


5/25(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
昨年12月の伊東佑季ライヴで店内を魅了した 
ピアニスト千葉史絵がレギュラー・トリオでやって来ました。 
「Love For Sale」でスタート、 
千葉オリジナルにスタンダード、 
流石長く続けているレギュラー・トリオ、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
良く歌うピアノ、安定のベース、 
そしてシャープなドラム、 
小気味良い美サウンドが店内に、 
ピアノが鳴る鳴る、 
素晴らしいオリジナル、 
スタンダードのアレンジのクールだったこと、 
ハービー・ハンコックの「処女航海」には驚嘆、 
「これぞ、ピアノ・トリオ!」 
とっても楽しい初登場ライヴでした。 

<出演>千葉史絵TRIO 
   千葉史絵(piano) 鉄井孝司(bass) 鈴木 郁(drums) 


P.S. 千葉史絵TRIO、次回は8/7(水)20時半開演です。 

5/26(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
初代Takezo Specialでお馴染みの若手トランペッター山田丈造 、 
この2月のライヴが大好評でした、 
同郷北海道で活動中の超若手トロンボニスト治田七海を迎えての 
スペシャル・クインテットの再演でした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
ハードバップの名曲ばかり、丈造オリジナルも。 
二回目のギグだけあって、 
精鋭五人、阿吽の呼吸よろしく 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
突き抜けるトランペット、 
柔和で心地良いトロンボーン、 
がっちりサポート&プッシュの鉄壁リズム隊、 
めちゃクールでダイナミックなサウンドが満席の店内に、 
治田七海17歳、また一段と進化、 
アンコールでは、なんとラッキーなことに 
あのDavid Bryant(p)がシットイン 、 
いやもう店内大盛り上がり、 
若さ弾けるとっても楽しい激熱ライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>山田丈造 QUINTET 
   山田丈造(trumpet) 治田七海(trombone) 
   北島佳乃子(piano) 金森もとい(bass) 山田 玲(drums) 


5/27(月) 田中菜匯TRIO LIVE 
当店大プッシュのピアニスト田中菜緒子が、 
お馴染みのレギュラー・トリオでやって来ました。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
もちろん田中オリジナルも。 
凛とした佇まい、華麗な鍵盤さばき、力強いタッチ、 
メリハリの効いたダイナミックな美サウンドで 
店内を魅了する田中、 
ゆるゆるMCも絶好調。 
レギュラー・トリオと言いながら 
スケジュールが中々合わず、 
中々ライヴができないとのことでしたが、 
そこは全幅の信頼を寄せている両先輩、 
その一体感たるや半端無し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
ナイス・サウンド、ナイス・トリオ! 
2ndセットでは濱田省吾(ds)がシットイン、 
今回もクールでとっても楽しいライヴでした。 

<出演>田中菜緒子TRIO 
   田中菜緒子(piano) 安田幸司(bass) 安藤正則(drums) 


P.S. 田中菜匯TRIOライヴ、次回は8/22(木)20時半開演です。 

5/28(火) いとこTRIO LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
驚異のピアノ・トリオ"いとこTRIO"のライヴでした。 
ジャズメン・オリジナルにスタンダード、 
さりげなく弾き始める片倉、 
瞬時に対応する千葉と今泉、 
流石今を時めく精鋭三人、 
アイコン一発で丁々発止のインタープレイ、 
キレキレのクールなサウンドが店内に、 
片倉ピアノもう圧巻、凄いの何の、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
ナイス・サウンド、ナイス・トリオ! 
今回もとっても楽しい大感動のライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>いとこTRIO 
   片倉真由子 (piano) 千葉広樹(bass) 今泉総之輔(drums) 


P.S. 次回は9月で調整中です。 

live | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/10(金)~5/18(土)のライヴ

5/10(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
自己のリーダーユニットをはじめ多くのバンドで活躍中、 
今注目のトロンボーン奏者前田真梨子のリーダーライヴ、 
今回は前二回のライヴが素晴らしかった 
当店ではもうすっかりお馴染みの精鋭達とのセッションでした。 
前田、駒野、海堀オリジナルにスタンダード、 
流石今を時めく若手の精鋭達、 
回を重ねる度に、緊密度が高くなり、 
絶妙なコンビネーションでナイス・アンサンブル、 
フロント2トロンボーンならではの 
ふくよかで心地良い美サウンドが店内に。 
気持ちの良いこと、良いこと、 
そして全員素晴らしいソロを展開、 
前田と駒野の面白MCも相まって、 
店内笑顔満開、 
とっても楽しいライヴでした。 
ナイス・バンド! 
再演熱望! 

<出演>前田真梨子QUINTET 
   前田真梨子(trombone) 駒野逸美 (trombone) 
   海堀弘太(piano) 清水昭好(bass) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 次回が9/20(金)に決まりました。 
  超絶オススメですのでお時間御座いましたら 
  ぜひともお越し下さい。 


5/11(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店ではすっかりお馴染みのトランペッター 
中村恵介プロデュースの特別企画 
「 Ekoda Trumpet Summit」でした。 
カウント・ベイシー、ルイ・アームストロング、 
ディジー・ガレスピー、ケニー・ドーハムなどのナンバー。 
全くタイプの違うトランペッター三人、 
超久しぶりのEkoda Trumpet Summitながら、 
そこは名うての腕っこき達、 
見事なアンサンブルと個性的な素晴らしいソロで 
満席の店内を圧倒、 
歌い出したMitchに手拍子で応えて大盛り上がりの店内、 
三人の面白掛け合いMCも相まって、 
店内笑顔、笑顔、 
いやいやとんでもなく楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>黄 啓傑 (trumpet) 
   Mitch(trumpet) 中村恵介(trumpet) 
   清水昭好(bass) 吉良創太(drums) 


5/12(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
もうすっかりお馴染みとなりました 
沖縄出身新進気鋭のアルトサックス奏者 
東金城友洋率いる" Talkin' side-A"が 
旧知のドラマー大井澄東を伴いやって来ました。 
東金城、小林のオリジナル中心、 
小林の産休前当店でのラスト・ライヴとあってか、 
全員いつも以上に気合い充分で、 
もう端からエナジー全開、 
吠えるサックス、飛び交うフルート、 
ぶっ飛びピアノに唸るベース 
そして炸裂するドラム、 
キレキレのサウンドが満席の店内に、 
まさに唯一無二の音世界、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
東金城のハイテンションMCも絶好調、 
爆笑に次ぐ爆笑で大盛り上がり、 
いやもうめちゃ楽しいとんでもないライヴでした。 
祈、安産! 

<出演>Talkin' side-A+1 
   東金城友洋(alto sax) 小林豊美(flute) 
   永武幹子(piano) 山本裕之(bass) 
   special guest 大井澄東(drums) 


P.S. Talkin' side-Aのライヴは、暫くお休みします。 

5/13(月) 栗林すみれLIVE 
今超多忙、 
言わずと知れた若手人気ピアニスト栗林すみれのリーダーライヴ、 
今回は新作「ATLANTIC STORIES」が大評判、 
当店ではもうすっかりお馴染みのギタリスト松尾由堂を迎えてのデュオでした。 
今回が二回目のデュオ・ギグ、 
前回は松尾主導、今回は栗林主導、 
二人のオリジナル中心、 
縦横無尽に美音を繰り出す栗林、 
そんな栗林を包み込むように 
音を重ねていく松尾、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル。 
どこまでも美しい心地良いサウンドが満席の店内に、 
二人のソロの素晴らしかったこと、 
いやもうかっこいいの何のって、 
栗林の楽しいMCも相まって、 
店内ほっこり、笑顔満開、 
デュオの醍醐味満喫、 
とっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 
いやいや本当に美しかった! 
再演熱望! 

<出演>栗林すみれ(piano) 松尾由堂(guitar) 

P.S. このユニットの次回は未定ですが、 
  松尾は7/15(月,振替休日)に鈴木直人(g)とのDUOで 
  やってきますので、こちらもよろしくお願いします。 


5/14(火) 佐津間純LIVE 
もうすっかりお馴染み、 
当店大プッシュのギタリスト佐津間純のリーダーライヴ、 
今回もTHE BON BONESや村上 寛BANDでお馴染みの 
先輩ベーシスト吉田 豊を迎えてのデュオでした。 
「But Beautiful」で始まった今回も 
スタンダードのオンパレード、 
終始笑顔で音を重ねていく二人、 
まさに音のキャッチボール、 
演奏する喜びに満ち溢れたサウンドが店内に、 
得も言われぬ美しさ、 
心地よいことこの上なし、ナイス・サウンド! 
今回も爽快でとっても楽しいライヴでした。 

<出演>佐津間純(guitar)  吉田 豊(bass) 

P.S. このデュオの次回が8/31(土) に決まりました 。 
  超超超オススメのライヴですので 
  お時間御座いましたらぜひともお越し下さい。 


5/15(水) 小林鈴勘LIVE 
当店ではもうすっかりお馴染み、 
2ndアルバム「SHAKUHACHI JAZZ」も大好評、 
今多方面で大活躍中のジャズ尺八奏者小林鈴勘が 
旧知の盟友達を伴いやって来ました。 
ポール・デスモンドの「TAKE 5」で始まった今回も、 
ジャズ・スタンダードにジャヴァンのナンバーなど、 
フレキシブルな選曲、もちろん鈴勘オリジナルも。 
純和楽器で西洋音階を吹くだけでも 
大変なことなのに、そんなことおくびにも出さず、 
気心の知れた超強力リズム隊をバックに縦横無尽、 
威風堂々と吹き上げる鈴勘、凄い、凄すぎる、 
鈴勘尺八ならではの、 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
いやもうカッコイイの、気持ちの良いの何のって、 
いやもうとんでもなく素晴らしいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>小林鈴勘QUARTET 
   小林鈴勘(尺八) 成田祐一(piano) 
   佐藤ハチ恭彦(bass) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 嬉しいことに、小林鈴勘QUARTETライヴ、 
  次回が8/6(火)に決まりました。 
  超絶オススメですので、ぜひ一度ご体感下さい! 


5/16(木) 田窪寛之LIVE 
2nd アルバム 
「Waltz For Debby - A Tribute To Bill Evans」が大評判、 
今注目のピアニスト田窪寛之が 
録音メンバーのレギュラー・トリオでやって来ました。 
ビル・エヴァンスゆかりのナンバー、 
ジャズメン・オリジナル にスタンダード。 
久しぶりのトリオ・ギグとのことでしたが、 
そこは10年来活動しているレギュラー・トリオ、 
意志の疎通、バランスもバッチリ、 
華麗なタッチ、どこまでも美しい田窪ピアノ、 
超強力リズム隊と共に 
筆舌に尽くしがたい美しき音世界を創出。 
ピアノの音色の美しいこと美しいこと、 
毎回のことながら大感動、ナイス・トリオ! 
めちゃクールな素晴らしいライヴでした。 

<出演>田窪寛之TRIO 
   田窪寛之(piano) 安田幸司(bass) 長谷川ガク(drums) 


P.S. 田窪寛之TRIO、次回は8/19(月)20時半開演です。 

5/17(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み地元江古田在住 
ウレッコ・ジャズマンが結集した強力ユニット 
江古田クインテットがやって来ました。 
ステップス・アヘッドのナンバーを中心に、 
チック・コリアなどのナンバー。 
端から全員エナジー全開、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
キレキレのダイナミックなサウンドが店内に、 
全員渾身の素晴らしいソロを展開、 
とりわけ三木ピアノの凄かったこと、 
どんどんバンド全体がヒートアップ、 
まさに激熱、店内拍手喝采、笑顔満開、 
終わってみれば23時半近くの大熱演、 
今回もとっても楽しいライヴでした。 

<出演>江古田クインテット 
   宮地スグル(tenor sax) 中島香里(vibraphone) 
   三木成能(piano) 鈴木克人(bass) 公手徹太郎(drums) 


P.S. 江古田クインテット、次回は8/26(月)20時半開演です。 

5/18(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染み、 
リリカル且つダイナミックな演奏で人気のピアニスト 
外山安樹子がレギュラー・トリオでやって来ました。 
オリジナルを中心にスタンダードも。 
さすが結成から12年というこのトリオ、 
その一体感たるや半端無しで、 
バンドとして熟成の感有り。 
アイコン一発でナイス・コンビネーション、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ。 
今回はスタンダードのリクエストを受けつつの進行、 
爽快なダイナミック・サウンドが店内に、 
ピアノが鳴る鳴る、 
今回も心地よいとっても楽しいライヴでした。 

<出演>外山安樹子TRIO 
   外山安樹子(piano) 関口宗之(bass) 秋葉正樹(drums) 


P.S. 外山安樹子TRIO、次回は9月で調整中です。 
 

live | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
5/1(水)~5/9(木)のライヴ

5/1(水) 井上 智TRIO LIVE 
21年間ものニューヨークでの活動を終えて帰国、 
今多忙を極める巨匠ギタリスト井上 智が 
お馴染みのレギュラー・トリオでやって来ました。 
井上オリジナルにジャズ・スタンダード。 
流石全幅の信頼を寄せるレギュラー・トリオ、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル、 
心地よいウォームな美サウンドが満席の店内に、 
おおらかな智さんワールド全開、 
リラックス・モードで店内ほっこり、笑顔満開、 
クールなソロには拍手喝采歓喜の声、 
後半にはオーストラリアのトランペッターと 
ドラマーのシットインもあり、 
とっても楽しいライヴでした。 

<出演>井上 智TRIO 
   井上 智(guitar) 増原 巖(bass) 横山和明(drums) 


P.S. 井上 智TRIO、次回は7/4(木)20時半開演です。 

5/2(木)「ホリデー・スペシャル・ライヴ」 
毎月一回の熊谷ヤスマサLIVE、 
今回もすっかりお馴染みとなりました驚異の若手二人、 
古木佳祐、山田 玲とのレギュラートリオでやって来ました。 
熊オリジナルを中心に 
ジャズ・スタンダード等フレキシブルな選曲、 
全員端からエナジー全開 、 
遠慮容赦なくガンガンいく熊、 
何時になくピアノが鳴る鳴る、 
がっちりサポート、激しくプッシュの若手ふたり、 
まさに白熱のインタープレイ、 
バンドとしての一体感半端無し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
炸裂する熱いソロに、店内拍手喝采歓喜の声、 
今回もめちゃ楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>熊谷ヤスマサTRIO 
   熊谷ヤスマサ(piano) 古木佳祐(bass) 山田 玲(drums) 


P.S. 熊谷ヤスマサLIVE、次回は6/18(火)です。 

5/3(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
デビュー盤「PASSION」が大評判、 
当店では才色兼備デュオ・ユニット"村田中"でお馴染みの 
トランペッター村田千紘のリーダーライヴ、 
大好評のレギュラー・カルテットでやって来ました。 
村田オリジナルにジャズ・スタンダード。 
流石レギュラー・バンド一体感半端なし、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
また一段と力強さが増した村田、凛として溌剌プレイ、 
小気味良い美サウンドが満席の店内に、 
超強力リズム隊も流石のパフォーマンス、 
弾けるピアノに安定のベース、そして大炸裂のドラム、 
とりわけ成田ピアノのソロの凄かったこと、 
村田のゆるゆるMCも相まって 
店内笑顔満開、拍手喝采歓喜の声、 
いやもう、大盛り上がり、 
とんでもなく楽しいライヴでした。 
それにしても村田、来る度にパワフルに、 
進化を遂げてます。 
再演熱望! 

<出演>村田千紘QUARTET 
   村田千紘(trumpet) 成田祐一(piano) 
   若井俊也(bass) 小松伸之(drums) 


P.S.村田千紘QUARTET、次回は8/4(日)18時開演です。 
 

5/4(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店大プッシュのアルト・サックス奏者原川誠司のリーダーライヴ、 
今回もお馴染みの盟友達を迎えてのスペシャル・クインテットでした。 
ほとんどジャズメン・オリジナル、 
隠れた名曲のオン・パレード。 
言わずもがなの強力フロント陣に躍動感あふれるリズム隊、 
このメンバーで四回目、最早レギュラー・クインテット、 
バンドとしての一体感半端なし、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
ナイス・グルーヴ。 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが満席の店内に、 
連発する渾身の熱いクールなソロ 、 
店内拍手喝采、歓喜の声、 
原川バンドの名物、言わずと知れた 
高速「Take me out to the ballgame」で大盛り上がり、 
アンコールでは、宮上啓仁(b)、柳沼佑育(ds)がシットイン、 
原川の愉快なMCも相まって、 
今回もとっても楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>原川誠司QUINTET 
   原川誠司(alto sax) 谷殿明良(trumpet)  
   紅野智彦(piano) 本川悠平(bass) 今村健太郎(drums) 


P.S. 原川誠司QUINTETライヴ、次回は8/17(土)20時半開演、 
  今回と同じメンバーです。
 

5/5(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
毎回オリジナルを中心にその明るく楽しいパフォーマンスで 
店内を魅了するピアニスト福井アミのリーダーライヴ、 
今回は香港&台湾からのゲストを迎えてのスペシャル・セッションでした。 
メンバー・オリジナルにスタンダード。 
初ギグだということでしたが、 
そこは今をときめく精鋭達、 
意志の疎通もばっちりで、 
ナイス・バランス、ナイス・グルーヴ、 
小気味良い美サウンドが満席の店内に。 
Alanと村田のウォームなサウンド、 
軽やかに弾ける福井ピアノ、絡みも絶品で、 
じつに爽快、店内笑顔満開の大盛り上がり、 
Suzanne Jen(vo,from台湾)のシットインもあり、 
とっても楽しく心地良いライヴでした。 
再演熱望! 
 

<出演>福井アミQUINTET 
   福井アミ(piano) Alan Kwan(guitar from香港) 
   村田千紘(trumpet) 吉峯勇二郎(bass) Fish(drums from 台湾) 


5/6(月,休)「ホリデー・スペシャル・ライヴ」 
当店では自己のバンド"3 tenors"や井上祐一TRIOでお馴染みの 
人気ベーシスト本川悠平のリーダーライヴ、 
「Quintet plays motor city songbook」と銘打って、 
旧知の素晴らしいメンバーを伴いやって来ました。 
デトロイト出身ミュージシャンゆかりの楽曲、 
初組み合わせのセッションながら 
そこは本川選りすぐりの精鋭達、 
ナイス・コンビネーションで丁々発止、 
小気味良いクールな美サウンドが満席の店内に、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
まるでレギュラー・クインテット、 
カッコイイの気持ちイイのなんのって、 
店内拍手喝采歓喜の声、 
本川の丁寧なMCも相まって 
とっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>本川悠平QUINTET 
   本川悠平(bass) 佐瀬悠輔(trumpet)  
   土井徳浩(tenor sax) 矢藤亜沙巳(piano) 岡部朋幸(drums) 


5/7(火) James Macaulay LIVE 
オーストラリアの鬼才James Macaulayのリーダーライヴ、 
満を持しての新バンドでやって来ました。 
ほとんどJamesオリジナル、 
リハーサルでは譜面をがん見、 
ムズイを連呼していたメンバーですが、 
流石今をときめく精鋭達、 
本番では小気味良いサウンド、 
見事なアンサンブルで超満席の店内を圧倒、 
Jamesの面白MCも相まって、 
店内笑顔満開、拍手喝采の大盛り上がり、 
ラストでは駒野逸美(tb)がシットイン、 
聴き所満載の聞きしに勝るスーパーバンド、 
とっても楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>James Macaulay SEXTET 
   James Macaulay(trombone) 吉本章紘(tenor sax) 
   中島朱葉(alto sax) 栗林すみれ(piano) 
   Marty Holoubek(bass) 石若 駿(drums) 


P.S. このバンドの次回は未定ですが、 
  Jamesは7/26(金)にJames Macaulay trombone quartetで 
  やって来ますので、こちらもよろしくお願いします。 
  (James Macaulay tb駒野逸美tb張替啓太tb前田真梨子tb) 


5/8(水)纐纈歩美LIVE 
もうすっかりお馴染み、新作「o pato」も大評判、 
当店大プッシュの纐纈歩美のリーダーライヴ、 
今回も今多方面から引く手あまたの佐藤浩一とのデュオでした。 
産休前当店でのラスト・ライヴ、 
纐纈オリジナル中心、 
いつものように凛として、 
どこまでも美しいクールな音世界を展開していく纐纈、 
かたや流麗なタッチで纐纈を優しく包み込む様に、 
美音を紡いでいく佐藤、 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
唯々頭を垂れて聴き入るのみ、 
店内静寂からの拍手喝采、 
まさにクール&ビューティー、 
今回も大感動、 
筆舌に尽くしがたい至高のライヴでした。 
祈、安産! 

<出演>纐纈歩美(alto sax) 佐藤浩一(piano) 

P.S.纐纈歩美LIVEは暫くお休みします。 

5/9(木) Ben Jansson LIVE 
昨年12月の初出演ライヴが素晴らしかった 
Ben Jansson Quartetが再びやって来ました。 
ベン・オリジナルにジャズ・スタンダード。 
豪放磊落、ナイス・サウンドで 
店内を魅了するBenサックス、 
流石ツアーを目前に控えたレギュラーバンド 、 
ナイス・コンビネーション、ナイス・アンサンブル。 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に。 
とっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>Ben Jansson Quartet 
   Ben Jansson(tenor sax) 若林 萌(guitar) 
   小林航太朗(bass) 岡部朋幸(drums) 

 

live | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
4/25(木)~4/30(火,祝)のライヴ

4/25(木) KVQ LIVE 
当店ではすっかりお馴染み、 
2ndアルバム「CROSS POINT」も大好評の 
ヴィブラフォン奏者中島香里が、 
「CROSS POINT」の録音メンバー、 
自己のバンドKVQでやって来ました。 
メンバーオリジナルに、ホレス・シルヴァー、 
キース・ジャレットなどのナンバー。 
端からエナジー全開、 
凛としてヴィブラフォンに向かう中島、 
がっちり支える強力リズム隊、 
流石来月結成9周年を迎えるというKVQ、 
阿吽の呼吸よろしく、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
めちゃめちゃクールな美サウンドが店内に、 
誕生日当日ということもあってか 
後藤のソロの凄かったこと、 
中島の愉快なMCも相まって、 
今回も実に楽しい激熱ライヴでした。 

<出演>KVQ 
   中島香里(vibraphone) 後藤 魂(piano) 
   吉木 稔(bass) 安藤正則(drums) 


P.S. KVQライヴ、次回は7/17(水)20時半開演です。 

4/26(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店ではもうすっかりお馴染み、 
アコースティック・ギターの名手山口友生と 
当店大プッシュの癒し系ピアノ弾き語りシンガー・ソングライター、 
“声のマジシャン”渡辺 薫とのデュオでした。 
ユーミン・ナンバーで始まった今回も、 
スタンダード、ボサノヴァとフレキシブルな選曲、 
もちろん渡辺オリジナルも。 
二人の絶妙なコンビネーションで織りなす 
どこまでも美しく心地良いサウンドが店内に、 
癒しの薫ワールド全開、 
友生さんのギターがめちゃめちゃクール、 
二人の面白掛け合いMCも相まって、 
店内ほっこり笑顔満開、 
今回も心温まるとっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>山口友生(acoustic guitar & ukulele) 
    渡辺 薫(vocal,piano) 


P.S. 次回は8/23(金)20時半開演、 
  "癒しの薫ワールド"ぜひ一度ご体感下さい。 
  ご来店お待ちしております。 


4/27(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
もうすっかりお馴染みとなりました、 
ジャンルを超えた独自の音楽性で多くのコンペティションに入賞、 
高評価を得ている新世代コンポーザー型ピアニスト西山 瞳と、 
自己のカルテットや土岐英史グループ等多くのバンドで活躍中の 
人気トランペッター市原ひかりのデュオ・ライヴでした。 
西山オリジナルにスタンダード等。 
どこまでも美しいピアノ、良く歌うトランペット、 
そして最早貫禄充実の市原ボーカル、 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、 
とりわけ念願だった初ヴォーカル・アルバム 
「SINGS & PLAYS」をリリースしたばかりの 
市原のヴォーカルの素晴らしかったこと、 
二人の楽しいMCも相まって、 
今回もとっても爽快で楽しい 
素敵なライヴでした。 
 

<出演>西山 瞳(piano) 市原ひかり(trumpet,vocal) 

P.S.次回は8/21(水)20時半開演、 
市原ヴォーカル絶品ですので、ぜひ一度お越し下さい。 
もちろん「SINGS & PLAYS / 市原ひかり」は超絶オススメです! 


4/28(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
当店ではEKD Jazz Collectiveでお馴染み、 
自己のユニットをはじめ 
多方面で活躍中のトランペッター中村恵介が、 
現在、国内外を問わず精力的に活動を続けている 
人気ピアニスト ハクエイ・キム を迎えての 
スペシャル・セッションでした。 
当店では4年振り 
曲紹介なし、MCなしの即興、 
先行するハクエイのピアノに 
間髪を入れず音を重ねて行く中村、 
ただならぬ緊張感、静まりかえった店内に、 
二人の奏でるダイナミクスを良く効かせた 
得も言われぬ美サウンドが、 
エフェクターを駆使し多彩なサウンドを吹き出す中村、 
華麗な鍵盤裁きで繊細且つ 
ダイナミックなサウンドを繰り出すハクエイ、 
いやいや筆舌しがたい音世界、 
今回も素晴らしいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>中村恵介(trumpet) ハクエイ・キム (piano) 

4/29(月,祝)「ホリデー・スペシャル・ライヴ」 
もうすっかりお馴染みとなりました 
レジェンド・ドラマー村上 寛のリーダーライヴ、 
今回も今を時めく若手の精鋭達との 
スペシャル・バンドでやって来ました。 
村上、楠オリジナルにジャズ・スタンダード。 
熱くクールなプッシュでバンドを鼓舞する村上ドラム、 
強烈なタッチで縦横無尽、大炸裂の楠ピアノ、 
そして大健闘、渾身のソロを展開した伊藤ベース、 
メリハリの効いたダイナミックなサウンドが店内に、 
リスペクトしている大先輩と演奏することの喜び、 
楽しさを具現化するような熱いパフォーマンスで、 
店内を圧倒する若手二人、 
そしてそれらを凌駕する寛さんの凄まじいプレイ、 
あっと言う間の2セット、 
今回もとっても感動的な素晴らしいライヴでした。 

<出演>村上 寛BAND 
   村上 寛(drums)   楠 直孝(piano) 伊藤勇司(bass) 


P.S. 村上寛BAND、次回は6/11(火)20時半開演、カルテットです。 
  (with森田修史ts田中菜匯p吉田 豊b) 


4/30(火,祝)「ホリデー・スペシャル・ライヴ」 
当店の看板バンドEKD Jazz Collectiveがやって来ました。 
熊オリジナルで始まった今回は 
メンバーオリジナル中心、 
スケジュール合わせが非常に困難なこのバンド、 
久しぶりのギグでしたが、そこは名うての猛者ばかり、 
端からエナジー全開、流石のパフォーマンス、 
キレキレのダイナミックなサウンドが満席の店内に、 
渾身の熱いソロの連続に興奮の坩堝と化す店内、 
とどめはアンコールの「アフロブルー」 
いやいやとんでもなく楽しい激熱ライヴでした。 
それにしてもみんなのオリジナル素晴らしかった! 

<出演>EKD Jazz Collective 
   中村恵介(trumpet) 馬場孝喜(guitar) 
   熊谷ヤスマサ(piano) 宮上啓仁(bass) 小松伸之(drums) 


P.S. EKD Jazz Collectiveライヴ、次回は8/28(水)、 
  当店の39回目の開店記念日当日、 
  ご一緒に祝って頂けたら幸いです。 

 

live | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
4/17(水)~4/24(水)のライヴ

4/17(水) 松尾由堂LIVE 
新作「ATLANTIC STORIES」が大評判、 
当店ではもうすっかりお馴染みの松尾由堂と、 
初リーダー作「Resonance & Emission」も大好評、 
当店には自己のカルテットでも出演中の鈴木直人とのデュオでした。 
二人のオリジナルにスタンダード、 
さすが同世代の名手二人、 
ナイス・コンビネーション。 
二人の織りなす美サウンドが店内に、 
気持ちの良いこと、良いこと、 
得も言われぬ心地良さ、 
今回もとっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>松尾由堂(guitar) 鈴木直人(guitar) 

P.S. このDUOの次回は、7/15(月,祝)18時開演です。 

4/18(木) 魚返明未LIVE 
東京芸大作曲科卒、今注目の若きピアニスト 
魚返明未の当店での七回目のソロ・ライヴでした。 
今回もピアノを取り囲むようにテーブルをセット、 
魚返オリジナルにスタンダード、 
時には優しく繊細に、また時には激しく豪快に、 
強烈なタッチで縦横無尽、 
迫力満点のパフォーマンスで店内を圧倒する魚返、 
満席の店内、拍手喝采歓喜の声、 
才気溢れた素晴らしいライヴでした。 

<出演>魚返明未(piano) 

P.S.魚返明未SOLO、次回は9/5(木)20時半開演、 
  超絶オススメ、ぜひともお越し下さい。
 

4/19(金)「そるとでジャズ・ライヴ」 
当店初出演となります気鋭のピアニスト上長根明子と 
te-teでお馴染みのヴィブラフォン奏者山本玲子の 
デュオ・ユニットAccoLeccoが 
今人気沸騰中のフルート奏者酒井麻生代を伴い 
初めてやって来ました。 
三人のオリジナルにミシェル・ペトルチアーニ、 
パット・メセニー、チック・コリアのナンバーなど。 
初組み合わせということでしたが、 
そこは旧知の精鋭達、絶妙なコンビネーション、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
三人の織りなすどこまでも美しいサウンドが店内に、 
気持ちの良いこと良いこと、 
三人の愉快なMCに選曲の妙も相まって、 
とっても楽しい爽快初ライヴでした。 
終演後即再演をお願いしました。 

<出演>Acco*Lecco*Macky 
   上長根明子(piano) 山本玲子(vibraphone) 
   酒井麻生代(flute) 


P.S. Acco*Lecco*Mackyの次回は7/23(火)に決まりましたが、 
  上長根明子は、5/22(水)に自己のトリオで、 
  山本玲子は、7/6(土)にte-teでやって来ますので、 
  こちらもよろしくお願いします。
 

4/20(土)「そるとでジャズ・ライヴ」 
今注目の若きピアニスト小沢咲希が 
大好評のレギュラー・トリオでやって来ました。 
小沢オリジナルにスタンダードなど。 
凛として鍵盤に向かい、 
力強いタッチ、その美音で店内を圧倒する小沢、 
安定感一杯の千北に、実にダイナミックな利光、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル、 
三人の織りなす小気味良い美サウンドが満席の店内に、 
小沢の愉快なMCも相まって、 
店内いやもう大盛り上がり、 
また一段と美しくなった小沢ピアノ、 
今回もとっても楽しい溌剌ライヴでした。 
ナイス・トリオ! 
因みに小沢は1995年、利光は1996年、 
千北は1984年生まれです。 

<出演>小沢咲希TRIO 
   小沢咲希(piano) 千北祐輔(bass) 利光玲奈(drums) 


P.S. 小沢咲希TRIO、次回は7/19(金)20時半開演です。 

4/21(日)「サンデー・スペシャル・ライヴ」 
ただ今人気沸騰中、当店大プッシュ、 
期待の若手アルト・サックス奏者加納奈実と、 
当店ではTalkin' side-Aでお馴染み、 
今多方面で大活躍中の若手ピアニスト永武幹子のデュオでした。 
二人のオリジナルに、セロニアス・モンクのナンバーなど。 
アルトとソプラノの両刀使い、 
威風堂々と美音を吹き上げる加納、 
強力タッチで縦横無尽の永武、 
まさに白熱のインタープレイ、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・ソロ、 
二人の織りなすキレキレのサウンドが店内に、 
得も言われぬ美しき音世界、 
二人のMCも面白く、 
とっても楽しい素敵なライヴでした。 

<出演>加納奈実(alto sax) 永武幹子 (piano) 

P.S. 加納奈実&永武幹子DUO、 
  次回が7/27(土)に決まりました。 
  超絶オススメですので、 
  ぜひ一度お越し下さい。
 

4/22(月) 福井アミLIVE 
新作「New Journey」も大評判、 
毎回オリジナルを中心にその明るく楽しいパフォーマンスで 
店内を魅了するピアニスト福井アミのリーダーライヴ、 
今回もベースに清水昭好、 
ドラムに桃井裕範のトリオでやって来ました。 
福井オリジナルを中心に、 
スティーブ・スワローや 
セロニアス・モンクなどのナンバー等。 
当店限定のこのトリオ、 
回を重ねる毎に緊密度が増し、 
ナイス・バランス、ナイス・アンサンブル。 
メリハリの効いたダイナミックな美サウンドが店内に、 
福井ワールド全開、ピアノが鳴る鳴る、 
カッコいいの何のって、ナイス・トリオ! 
今回もとっても爽快でめちゃ楽しいライヴでした。 

<出演>福井アミTRIO 
   福井アミ(piano) 清水昭好(bass) 桃井裕範(drums) 


P.S. このトリオの次回は、7/31(水)20時半開演です。 

4/23(火) 守谷美由貴LIVE 
もうすっかりお馴染み 
当店大プッシュのサックス奏者守谷美由貴のリーダーライヴ、 
今回は自己のバンドのレギュラーメンバーでもある 
石田 衛を迎えてのデュオでした。 
守谷オリジナルにスタンダード、 
和ジャズとフレキシブルな選曲。 
威風堂々たるプレイを展開する守谷、 
また一段とパワフルになり、音色の美しさ倍増、 
力強いタッチで縦横無尽の石田、 
初デュオとはいえそこは共演歴の長い二人、 
意志の疎通もバッチリで、ナイス・コンビネーション、 
まさに白熱のインタープレイ、 
二人の織りなすダイナミックなサウンドが店内に、 
聞きしに勝る美しき音世界、 
大感動、素晴らしいライヴでした。 
再演熱望! 

<出演>守谷美由貴(alto sax) 石田 衛(piano) 

P.S. 守谷美由貴LIVE、次回は6/15(土)、 
  レギュラー・カルテットです。 


4/24(水) 前田真梨子LIVE 
自己のリーダーユニットをはじめ多くのバンドで活躍中、 
今注目のトロンボーン奏者前田真梨子のリーダーライヴ、 
今回は全幅の信頼をよせるレギュラー・カルテットでやって来ました。 
さすが二年も続けてる 
前田オリジナル勝負のこのバンド、 
個々の技量の高さ、 
オリジナルの素晴らしさはもちろんのこと、 
バンドの一体感たるや半端無し、 
ナイス・アンサンブル、ナイス・グルーヴ、 
小気味良いダイナミックなサウンドが店内に、 
トロンボーンの気持ちのいいこといいこと、 
前田の面白MCも相まって、 
とっても楽しい爽快ライヴでした。 
それにしても海堀ピアノ、柵木ドラムの 
ぶっ飛びプレイはめちゃ楽しい。 

<出演>前田真梨子QUARTET 
   前田真梨子(trombone) 海堀弘太(piano) 
   寺尾陽介(bass) 柵木雄斗(drums) 


P.S. 前田真理子QUARTET、 
  今後定期的に来て貰いますので、 
  ぜひ一度お越し下さい。 
  次回は、8/10(土)20時半開演です。 
  尚、前田真梨子は、5/10(金)に、 
  駒野逸美(tb)との双頭クインテットで 
  やって来ますのでこちらもよろしくお願いします。 

 

live | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.